お役立ちリンク集




『企業システム戦略』の構築・実践や人材育成に役立つサイトを、ご紹介いたします。
日本ITストラテジスト協会(JISTA)
情報戦略とシステム化計画の立案を通じ、企業と社会の発展に貢献します。

製造業応援サイトCCNET
製造業の出会い創出と技術PRを目的とした製造業支援系サイトです。受発注掲示板やメルマガを中心に様々な情報を発信します


持続可能なモノづくり・人づくり支援協会(略称ESD21)
TPS(トヨタ生産方式)の理念は「お客様第一」と2本の柱は「ジャスト・イン・タイム」と「自働化」。ESD21の狙いは「TPS×IT」。「顧客(会員)満足」のために、法人会員、個人会員、さらに、一般のお客様(会員外)に見える活動、メリットある活動を推進しています。

経革広場
マイクロソフトが運営する、経営を改革する企業の広場

TOC 制約理論のひろば
佐々木俊雄氏が個人で運営するTOCサイト。内容、知名度ともに日本一。
分かりやすくかつ、丁寧なコンテンツは一見の価値あり
まずはTOCを理解するためにも、このサイトは必見です

Clip Clop Treks
私が参加したオーストラリアの乗馬旅行会社

愛知県中小企業振興公社
経営相談や、各種専門家派遣事業、商店街活性化など、
中小企業を応援する施策や研修・イベントを開催しています。

生産管理講座
自動車産業関連リンク集のなかの一部で、生産管理とは?に始まり、JIT、MRP、TOCまで分かりやすく解説されています。
また、トヨタ生産方式に関する書籍も多数紹介されています。

日本最大の KM/CRM 総合サイト
経営コンサルタントの太田秀一氏のサイト。
KMとCRMに関して日本最大の情報量です。
KM:ナレッジマネジマント
CRM:顧客関係性経営

情報化・生産性評価基準プロジェクト
財団法人 社会経済生産性本部が開発した「情報化・生産性評価基準 セルフ・アセスメント・ガイドライン」は、企業の経営幹部が自ら「情報化の生産性」を診断できる、世界で初めての評価基準(アセスメント・ガイドライン)として策定されたものです。


ユニバーサルデザイン
ユニバーサルデザインはノースカロライナ州立大学(米)のロナルド・メイスが「できるだけ多くの人が利用可能であるように製品、建物、空間をデザインすること」をユニバーサルデザインとして定義した。


D&M Online
日経デジタルエンジニアリングと日経メカニカルが運営する
「モノつくり徹底支援サイト」
ものづくりに役立つITの総合情報を提供しています。


「NCネット」挑戦する製造業のためのビジネスコミュニティ
NCネットは自社WEBサイトを通じて様々な情報発信を行っています。中小製造業の製造情報を発信するEMIDAS工場検索エンジン、大好評の各種掲示板等、これからも中小製造業のためになる情報を発信します。


SmallBiz:成長する企業のIT支援サイト
SmallBizは企業の経営者およびITマネジャー、CIO(最高情報責任者)の方がITを活用するうえで発生する疑問や障害の解消に役立つ情報および解決手法を提供します。現在提供中のコンテンツは、ITおよび経営のプロが答える「情報化支援Q&A」、各分野の専門家によるコラム、関連リンク集(協力:BizTech WebGuide)、注目展示会&セミナー(提供:BizTech Events)など。いずれも非専門家にも分かりやすく使いやすい内容になっています。

中小企業診断協会のIT活用事例集
中小企業診断協会では、平成14年度中小企業総合事業団委託事業として「IT活用指針データベースの構築事業」を実施しました。本事業では会員中小企業診断士の協力によりIT導入に積極的に取り組んでいる中小企業の先進事例を紹介しています。
 さらに、IT化のアドバイスやコンサルテーションを行う際に活用できるチェックリストとその解説資料も掲載しています。是非ご活用下さい。

J-Net21
中小企業の成功の秘訣が知りたい!!そんな方に、おススメなのが「J-Net21」の「企業事例」。 成長を遂げている企業の事例を一挙公開。今一番HOTで元気な中小企業をはじめ、施策、ITを活用して成功した企業、異業種交流で事業の幅を広げた企業、さまざまな業種の企業の事例をご紹介。

e-中小企業庁&ネットワーク
e-中小企業庁&ネットワークは、全国の中小企業者及び創業予定者の活動を、中小企業庁、中小企業総合事業団、政府系金融機関、各中小企業支援機関の連携で協力にバックアップしていくサービスです。

ソフトウェア開発方法論「Lyee」のページ
ソフトウェアの開発方法であるLyeeは、ソフトウェア生産技術研究所(株)社長の根来文生が25年の歳月を費やして発見発明した方法論です。(すでに、日・米・欧州で特許取得)
私が、ソフトウェア開発・保守のコスト・品質・納期を改善するために、会社で3年ほど前から取り組んでいるものです。日経情報ストラテジ、日経オープンシステム、日経コンピュータに、関連のインタビュー記事が掲載されました。詳しくは、「業務経歴」をご覧下さい。


Object Factory
オブジェクト指向技術を使用した、製造業向けの社内システム構築を請負ってみえます。

ビジネスパーソンの常識と非常識
コンピュータコンサルタント 藤原信一氏による
企業内におけるコンピュータ活用のための情報やビジネスパーソンに役立つ知識を提供するサイトです。


「経営と情報」に関する教材と意見
木暮 仁氏 による
経営情報システム,情報技術,情報倫理,情報セキュリティ等の解説、 情報システムの費用対効果,情報システム部門の運営等への主張、このようなテーマでの授業教材、著書、論文、エッセイなど 豊富な内容です。


全国IT推進計画 Web Site
マイクロソフトが運営する中堅中小企業向けの情報サイト。
e-japan 構想を積極的に支援し、『IT推進全国会』と『協賛パートナー』、および『マイクロソフト』が相互に協力し合い、日本全国IT化を推進していく計画です。


中小企業金融公庫
中小公庫は、国の中小企業政策に基づいて、長期資金の供給を行い、中小企業の皆様の成長・発展を支援しています。

「刊行物」のページに、最近の経営上のトピックスなど中小企業経営の参考になる情報をコンパクトに紹介している「経営情報」などもあります。


競争優位を獲得する最新IT経営戦略
日経BP社BizTech Special
最新IT経営に関する講座、連載コラムなど


日本のカイシャ、いかがなものか!
ジャーナリスト 岡本呻也(おかもと・しんや)さん運営。ズバリ!テーマは、カイシャ文化です。


@IT情報化戦略・投資
企業のIT戦略の立案、IT投資の意思決定から、投資効果の測定まで、IT戦略と投資にまつわる課題までをトータルに考え、その問題解決を支援します。


@IT企業システム構築
システム要件定義、開発から実際の運用・保守まで、企業の情報システムに関する課題を取り上げています。


CIO OnLine
IDG JapanのCIO(情報担当役員)向けのマガジン「CIO」のオンライン版。ITガバナンスやIT投資評価に関するレポートなど。


成功する会社が知らねばならない19のルール
レスター・ワンダーマンが、いままでに試行錯誤を繰り返しながら見つけ出した、成功するダイレクトマーケティングに必要とされる約束事です。


シンプルな生産管理のすすめ
株式会社イー・コモードさんのホームページ。「1)シンプルであること 2)イージー(簡単)であること 3)リーズナブル(低価格)であること」をコンセプトに開発された生産管理システム。手作りとパッケージソフトのいいとこ取り(◆「パッケージソフトと自社開発」買うべきか、造るべきか、それが問題だ!)で、まさに、自社にピッタリのシステムを最小の投資で構築できるというものです。

「中小製造業の経営革新支援マニュアル」報告書
(社)中小企業診断士協会によるもので、経営革新によって 「元気な中小製造業」「ユニークな中小企業」 として安定経営を持続している先進的事例を収集し、分析を行うとともに、それらの結果を経営革新に挑戦した動機、経営革新計画 の策定内容、その実施における経営課題および経営革新の成果に整理してとりまとめてあります。

中小企業IT化推進計画U
中小企業庁による、新計画は、中小企業をとりまく最近の経営環境等を踏まえ、 「『業務改善のためのIT化』から『経営革新のためのIT利活用』へ」 に重点を置いた典型的なIT利活用モデルの提示・提案を中心に据え、「基本理念(経営戦略の重要性)」、 「成功のポイント(成功者の声)」及び「支援施策」等についてとりまとめてあります。

日本アイ・ビー・エム「PROVISION」
日本アイ・ビー・エムの技術情報交換誌「PROVISION」は、1号1テーマを特集方針として、論文や導入事例を主体に構成し、その背景となる情報技術の今日的な意味を踏まえながらタイムリーに取り上げます。

革新的生産スケジューリング入門
「生産」の未来形を理解したい技術者のために革新をせまられつつある製造業における生 産のあり方を、情報の視点から理解するためのノート

顧客価値創造経営アドバイザリー・コミッティー
日本ユニシスが主催する、経営者への経営課題解決策を提言していくことを目的とした有識者をメンバーとするコミッティー。コンセプトテーマは、「価値組」企業へと革新してゆくための、ITを活かした未来企業経営シナリオの策定。

IT経営応援隊
経済産業省がが推進するITSSPプロジェクトの一貫として、中小企業の経営改革をITの活用で応援する委員会。

「IT経営百選」
 IT経営応援隊活動の一環としてIT経営百選選考委員会を設置し、全国からビジネス・経営の観点及びITの高度活用の観点から他の中小企業の模範となる企業を応募により選考したもの。

「SMB+IT」サイト
日経BP社総合情報ネットメディア内の、中堅・中小企業のIT化を支援するサイト。中堅・中小企業のIT化に関して、IT製品の解説や導入事例、識者の意見など、多角的に役に立つ情報を発信しています。

社団法人情報サービス産業協会(JISA)
経産省の認可により、システム・インテグレータ、ソフトウェア開発企業、シンクタンク等主要な情報サービス企業600社で構成する業界団体。業界各社の経営や技術の高度化、国際交流、社会全般における情報化の推進等、高度情報化社会の実現をとおして社会に貢献しています。会員会社情報から企業を検索し各社の情報が閲覧できます。

社団法人愛知県情報サービス産業協会(AIA)
愛知県下の情報サービス企業の検索ができます。「会員情報」から得意分野などを指定して検索すると、各企業の詳細情報として情報処理試験などの資格取得者数などを閲覧できます。自社のシステム構築に合ったサービス企業を探すときの参考にしてはいかがでしょう。 AIAは、社団法人情報サービス産業協会(JISA)の会員です。

ライトウェル社のソリューション一覧
製造業の設計生産ソリューションの概要をサクッと勉強できます。各ソリューションをクリックすると解説ページが出ます。ライトウェル社は、住友重機械工業の情報システム部門が独立した会社です。

サプライチェーンカウンシル日本支部
サプライチェーンカウンシル(SCC)日本支部は、サプライチェーンマネジメント(SCM) の啓蒙、普及、進展に主導的役割を果たしている米国に本部をおくSCCの日本支部です。 オープンでニュートラルな組織で、日本の先進企業のメンバーが活発な活動を行なっています。
サプライチェーンマネジメントを推進・実行する際に、世界共通のフレームワーク&言語と して使用するビジネスプロセスのリファレンスモデル、SCORをe学習できます。
SCOR:Supply Chain Operations Reference

経済産業省 P2M開発事業
−創業・起業促進型人材育成システム開発等事業−
プロジェクト・プログラムマネジメント人材育成プログラム開発事業
P2M(プロジェクト・プログラムマネジメント)は、現代の複雑化、複合化した課題をプログラムとしてとらえ、これを複数プロジェクトに分割し、更にこれらを統合して全体の最適化を図り、複合的問題の解決を可能とする、我が国発(ナショナルブランド)のプロジェクトマネジメント手法であります。
NPO法人 プロジェクトマネジメント資格認定センター

Org DNA Profiler(組織DNAプロファイラー)
 米国のコンサルティング会社、ブーズ・アレン・ハミルトンが開発した  「Org DNA Profiler(組織DNAプロファイラー)」は、組織の健全さを 診断するツール。  このツールは同社のWebサイトに公開されており、だれでも利用できる。  19の質問に回答し、企業データを入力すると、レジリアント型、パッシブ・アグレッシブ型など7種類の  内から該当する組織タイプが表示される。

日本21世紀ビジョン 経済財政諮問会議
 「日本21世紀ビジョン」は、今後四半世紀を睨み、構造改革により実現される「この国のかたち」を明確かつ体系的に示すことにより、国民の間の認識の共有を図るものである。そこで提示される今後の我が国の経済と政策に関する理念と方向性は、我が国の政策運営の中長期的指針となるのみならず、国の将来に関する国民的議論にも資することが期待される。

「IBMユーザー研究会」
 IBMユーザー研究会は、IBMシステムを使用もしくは使用予定の企業、官公庁、学校などが加入しているコンピューター利用者の団体で、現在、全国16地区でそれぞれのIBMユーザー研究会が活動を展開しています。IBMシステムの有効利用についての研究・発表を行ない、情報交換を通じて知識と経験の向上を目指します。あわせて各種の活動を主催し、会員相互の利益と親睦を図ります。

第43回岐阜長良川シンポジウムで私の論文(テーマ:サービス指向がもたらすレガシ・システムの蘇生)が121編の中から優秀論文(準入選)に選ばれ、発表をしました。ユーザ論文のページに一覧が掲載されます。会員の方は、論文と発表資料を閲覧することができます。

IT総覧2005
日経BP社が、600社以上,3500以上の製品・サービスを一括掲載しています。
◆ジャンルごとの製品・サービス一覧表示で比較検討が容易に可能
◆IT関連製品・サービス・ソリューションを容易に検索

かんばん方式の裏話、トヨタ生産方式 初の教科書
トヨタOBの方が、かんばん方式について解説を掲載しています。かんばん方式の生い立ちや裏話などあって評論家が書いた巷に溢れるトヨタ関連の書籍とは一味違います。


ソリッドソフト(製造業の皆様へ)
応用自在な「製番型・生産方式」や「原価管理」の視点での生産管理の仕組み、技術・生産・原価の統合部品表など、生産管理および生産管理システムを着実に利益に結びつけるためのアイデア満載です。また、「テーマ別基礎知識の解説」では、部品表、生産管理、原価計算、会計といった重要な基礎知識について解説します。


クラステクノロジー ECObjects
■100%ピュアJava(Java2)
■厳選された約70種類のクラスライブラリにより構築
■ウィザードによるカスタマイズ環境
■自社によるメンテナンスも可能なオープンソース

e-Manufacturing「メタ製番」による「ストリーム制御」管理方式
MRP方式と製番管理方式のいいとこどりをした、ハイブリッドな生産管理システムです。製番管理 をしながら、需要変動に強い生産管理を実現するアイデアが「メタ製番」です。

“高付加価値経営を生み出す”ITマネジメント(日経BP特集サイト)
企業の経営戦略に息がピッタリあう形でIT戦略を立て、実際のIT投資や構築、システム運用に落とし込むためには、「ITマネジメント」が必要です。今、企業に求められるITマネジメントとは何かを事例やインタビューなどを交えて解説します。

システム設計のこと、もっと知りたい
企業システムに特化した、独自の設計方法論「三要素分析法」を展開しています。また、基本設計を支援するツールやリファレンスモデルも公開されています。企業システムの設計を手がける技術者は必見です。

「攻めの戦略経営」のためのキーワード一覧
トヨタ自動車の『カイゼン』『見える化』『5W1H』のような、自社オリジナルのキーワードを社内に浸透させ、それが現場での戦略実践のコンセプトになるケースがある。このページでは、世にあふれている戦略経営実践に欠かせないキーワードを体系化し、そのエッセンスをわかりやすく、実践に結び付けられるように紹介しています。

@IT自分戦略研究所
スキルとキャリアをじっくりと考えたいITエンジニアのためのポータルサイト。「自分戦略研究室」、「キャリア研究室」、「スキル創造研究室」があり、例えば、「スキル創造研究室」には、ビジネススキル、 資格や技術スキル、開発方法、プロジェクトマネジメント、英語、書評・レビュ、コラム、辞典・用語集などの記事が満載で、読んで面白く、ためになる内容ばかりです。

経済産業省 EAポータル
本サイトでは,これまで経済産業省が実施してきたEAに関連する各種調査研究の成果物の公開するとともに、これまであまりEAに触れられていない方からEAの実務に携わる方まで,多くの方々にEAを活用して頂くための情報提供を行ないます。ご活用ください。

政府 IT戦略本部 「IT新改革戦略」
政府のIT戦略本部のサイトで、今年はじめに、IT新改革戦略(概要本文)が公表されました。
「IT戦略本部は、本戦略を確実に遂行することで、世界に先駆けて2010 年度にはITによる改革を完成し、我が国は持続的発展が可能な自律的で、誰もが主体的に社会の活動に参画できる協働型のIT社会に変貌することを宣言する。」とあります。

Club Unisys + Plus
IT経営の実践に向けたオピニオンリーダーからの提言をはじめ、IT管理者の方々に役立つ最新の技術・サービス紹介やキーワード解説、読者の皆様からご意見をいただく掲示板や豊洲・月島周辺のお店紹介など、さまざまな関心にお応えする多彩な情報を発信。

品質工学会
品質工学会名誉会長 田口玄一氏からのご挨拶ヨリ
予測し得ない将来の課題に対して解を与えるには戦略的思考が必要です。問題が表面化してから対策を打つのでは手遅れなのです。問題が起こる前に将来起こるかもしれない多くの問題に役立つ汎用技術や先行技術を用意しておくべきです。 そしてそれを可能にするのが品質工学です。

QFD塾(Quality Function Deployment Academy)
QFD塾(Quality Function Deployment Academy)は、2005年8月、QFDの普及・促進を目的として立ち上がりました。品質機能展開(QFD:Quality Function Deployment)とは、顧客の声を製品やサービスの開発につなげるための手法で、新製品開発の現場など、多くの「ものづくり」の現場で国内・海外問わずに活用されているフレームワークです。

TRIZ(発明的問題解決理論)
TRIZは、「トゥリーズ」と読み、「発明的問題解決理論」というロシア語を英語で表記した場合の頭文字をとったものです。旧ソ連海軍の特許審議官アルトシュラーが膨大な特許情報を分析した結果より導き出した一連の発明の法則を纏めたもので、「システムの理想性向上を目指すために、技術進化の原理に基づき、革新的アイデアを創出する合理的方法論」です。

中国兵法
理念:古為今用…古人の知恵を新しい社会の発展に役立てる。目的:人生につきまとう困難に打ち勝つ手段を中国の兵法から学ぶ。内容:中国の兵法に関する情報を広く紹介していく。

播磨武蔵研究会[宮本武蔵]
播磨武蔵研究会[宮本武蔵]は、宮本武蔵に関する総合的研究を目的とするサイトである。この研究プロジェクトでは、宮本武蔵について、その思想・芸術・伝記・歴史状況等々にわたり、多方面からの諸研究が実施されている。

上流工程AtoZ
システム構築における、的確な「提案」,要求を明確化する「要件定義」,作業規模・期間の「見積もり」,全体最適な「設計」などの「上流工程」作業を的確に行うための基本知識やノウハウ。

wisdom ビジネス用語辞典
「1分で」すばやく理解!最新用語から今さら聞けない基本用語まで、1600以上の幅広い用語を掲載。ビジネスとITの理解に必須の用語を解説します。

ITpro Keyword
ITproで記事化/連載された新旧,様々な分野の「キーワード」が一堂に集められ、横断的な検索やリスト表示が可能となっています。分野は,IT経営用語,Windows,Network,プログラミング,電子行政,無線ICタグなど。単なる用語説明とはひと味違い、しっかりとした解説を施してあるのが特徴です。

経済産業省 IT経営ポータル
日本企業の発展を支援するため、IT経営に関する情報の提供サービスを行う目的で、経済産業省が運営しており、IT経営に関するキーパーソンのメッセージや対談の様子、政府の取り組み、指針と考え方、IT経営力指標、IT経営力を診断するセルフチェックシステム、当省や政府関連機関によるIT経営に関するセミナー・イベントの開催情報などが提供されています。

経済産業省  情報政策ポータル
経済産業省では、政府に設置されているIT戦略本部の下、ITのより良い活用を通じて新たな生活スタイルの創造やダイナミックな経済活動の実現を目指し、様々な政策を立案・実施しております。

要求開発アライアンス ビジネス・モデリング道場
要求開発アライアンスは,ビジネス的な価値を生み出す情報システムのシステム要求を体系的に開発する方法を求めて結成された団体です。理事に名を連ねるのは,いずれも日本におけるビジネス・モデリングを引っ張ってきた方ばかり。このコーナーでは,企業の戦略とITを融合するための技術的アプローチについて広く話題を提供していきます。

★NEW!★



要求工学
 要求工学はソフトウェア開発における要求仕様化プロセスを工学的に定式化する技術として注目を集めている。本稿では、要求工学の概要と要求工学の本質的な要素を明らかにするとともに、要求工学の価値について述べる。最後に要求工学の課題を紹介する。