【企業システム戦略】

◆ アジャイルなウォーターフォールのすすめ

要約
 アジャイル開発では、計画が不要で変更はいつでも自由に顧客が要求できるなど極端な考え方がされてしまうことがある。これは源流にあるトヨタ生産方式(かんばん方式、以下TPS:TOYOTA Production System)を導入すれば、生産計画が不要で後工程はいつでも好き勝手に部品を要求できると思い込み導入に失敗するのと似ている。そのため、ウォーターフォール開発(以下、WFD)からアジャイル開発(以下、ASD)への移行を敷居の高いものやリスクの高いものと感じたり、試験的に適用して失敗したりするケースも少なくない。そこで、ウォーターフォール開発をベースとしながらアジャイル開発の要素を少しずつ取り入れ漸進的な改善に取り組むことを提言する。

キーワード:アジャイル,トヨタ生産方式,平準化、価値の流れ、段取り替え

目次
1.はじめに
2.アジャイルとTPS
3.TPSにまつわる誤解
4.ウォーターフォールからアジャイルへ
5.アジャイルではないアジャイル
6.アジャイルなウォーターフォールへ
7.アジャイルに向けて
8.おわりに

次へ