代表者プロフィール

企業システム戦略家 青島 弘幸

企業システム戦略研究会 代表 愛知県名古屋市 1962年生まれ
製造業(航空宇宙メーカ)のIT部門にて、30年以上、宇宙ロケット、戦闘機、ジェット旅客機、ヘリコプターなどのBOM、生産管理システムを中心に、年間20〜30、通算で500を超える業務改善とIT活用のプロジェクトに従事。データ量1000万件を超える統合部品表(BOM)の設計・開発を自ら手掛けるなど多数のシステム開発・保守、システム開発標準策定、効果的なレビューの研究と実践、ファンクションポイント法による見積り基準の策定、守破離によるプロマネ育成、IT投資効果の評価方法、アジャイル開発など『企業システム戦略』に取り組んでいる。その成果により、プロジェクトの工期達成率は80%を超え、投資対効果(ROI)は常に100%を超える。この『企業システム戦略』を学術的に研究するために現在、システムエンジニアとしてグループのIT企業に移籍従事する傍ら、大学院の経営情報科学研究科に在籍。

日本ITストラテジスト協会会員, 日本経営診断学会会員
日本経営システム学会会員, 日本生産管理学会会員,標準化研究学会
経済産業省認定
システムアナリスト,プロジェクトマネージャ,システム監査技術者,ソフトウェア開発技術者
特技:空手道二段(元、主将), 乗馬3級, 4級小型船舶操縦士, SRS速読
<ビジョン>
『企業システム戦略』を実践し、システム(人+組織+業務+情報+IT)の専門家として、世界最先端IT国家創造宣言に貢献する。

<ミッション>
企業システムを最適化・高度化し、【情報の流れ】をスムーズにすることで、俊敏で無駄の無い・リーンで強靭な企業体質を総合的に造り上げていく『企業システム戦略』のノウハウを提供・支援すると共に、企業システム戦略家を育成し健全な情報化社会の発展、さらには地球資源・環境の保全に寄与します。

つまり、世界最先端IT国家創造宣言にあるように、少子高齢化等の課題で世界最先端をいく日本が、これまで以上に経済成長するには、ITによる生産性向上が必要ということです。さらに、これまでの経済成長には、大量の地球資源(材料や動力)を要したものが、生産性向上で最少の資源で可能となれば、廃棄物も減り、地球環境の保全にもつながるのです。(『生産性向上の究極の目的』)生産性向上は、国民一人一人の務めであり、これを具体的に推進するのが『企業システム戦略』です。

<ごあいさつ>
グローバル化による厳しい経営環境を生き抜くためには、徹底してムダを排除し、経営資源である人・物・金を効率的に使うことができる企業活動の仕組み【企業システム】が必要です。

その鍵となるのが情報処理です。企業システムとそれを取り巻く環境との内外で、どのように情報がやり取りされているかを解き明かすことは、かつて孫子が唱えた『彼れを知りて己を知れば、百戦して殆うからず』に通ずるところです。これができて、はじめて「IT経営」が実現できます。

淀みの無いスムーズな【情報の流れ】が、「必要な資源を・必要なだけ・必要な時に」効果的に使い、付加価値の高いアウトプットを出すことを実現させます。例えば、あの有名な「かんばん方式」は、「必要な物を・必要なだけ・必要な時に」を実現するための高度な情報処理システムです。「かんばん」というメディアにより、工程間での情報伝達を無駄なくスムーズに行っているのです。

このように情報処理=ITではなく、どのようにしたら淀みの無いスムーズな情報の流れができるかという仕組みを考えるところからの取り組み【企業システム戦略】が必要になります。その上で、仕組みを確実なものにしたり、より高度化したりするための手段の一つとしてITを使います。

もはや経営戦略とIT戦略は個々独立した戦略ではなく、【企業システム戦略】として融合し、あらゆる経営戦略の中心に据えるべき戦略なのです。【情報の流れ】を整えず、IT投資に奔走するのは、血液や神経の流れを整えず、投薬を続けるのと同じで、いずれ体はボロボロになり破綻します。

また、ITを使うに当たっては、投薬と同様、ドキュメント・レビューやリスク管理などをしっかりと行っていくことが重要になります。これらの取り組みに当たっては、先人の知恵を兵法に学ぶことができます。

当研究会では、単なるIT化ではなく、企業の仕組みそのものを情報処理の観点から最適化するにはどうすればよいか【企業システム戦略】の実践を通じて研究し、その研究成果を広く企業の体質改善や人材育成に還元していくことで社会貢献をしていきます。

ぜひ、当研究会にご入会いただき、いっしょに【企業システム戦略】を研究し、強く元気な日本を作っていきましょう。皆様のご賛同、ご参加をこころよりお待ちしています。

企業システム戦略研究会 入会案内/研究会概要    
         
発表論文一覧
No.タイトル
1第43回IBMユーザ論文『サービス指向がもたらすレガシ・システムの蘇生』
2第44回IBMユーザ論文『自社生産管理システムのサプライチェーンへの迅速な展開』
3第45回IBMユーザ論文『ウォータフォール型組織へのRUPによる反復型開発適用事例』
4第49回IBMユーザ論文『製造業の経営改善を加速するIT戦略』
5第50回IBMユーザ論文『守破離と3つのBOKでSEの戦力アップ!』
6第51回IBMユーザ論文『使ってなんぼ!キャラバン活動10年の軌跡』
7第52回IBMユーザ論文『PMBOKを超える!予測型統合変更管理』
8第53回IBMユーザ論文『航空宇宙分野におけるBOMの歴史と発展』
9第53回IBMユーザ論文『チームパフォマンスの最大化を図るマネジメントプラッフォームとしてのNotesの価値』
10PMAJ31号『リスクマネジメントにおけるドキュメント・レビューの効果』
11PMAJ34号『モチベーションをベースとしたシステム部門の能力向上』
12PMAJ37号『標準とレビューに基づく危険予知』
13PMAJ44号『【PM人材】という人材はいらない!〜PM立国、日本1億総PM化論〜』
14PMAJ49号『アジャイルなウォータフォールのすすめ』
152013年度FUJITSUファミリ会論文
『標準とレビューに基づくプロジェクト品質の安定化と向上』
16日本経営システム学会第55回全国研究発表大会
『BRMSによるスマート・エンタープライズ実現に向けた企業システム戦略』
    
 【正会員特典】
   正会員の方は、上記、論文や講演資料を無料で入手できます。

   企業システム戦略研究会 入会案内/研究会概要
 経歴
年代 担当業務 関連技術 <資格> 【読んだ本】など
2015 ・三菱重工業を退職し、グループ会社に移籍。システムエンジニアとして再出発。
・愛知工業大学大学院 経営情報科学研究科にて、
 『企業システム戦略、スマート・エンタープライズ、BRMS(Business Rule
 Management System)』をテーマに研究。
・ソフト・リサーチ・センター様(含む、社内研修)にて、
 上流工程のドキュメント・レビューをテーマに講演。
・ソフト・リサーチ・センター様にて、
 ITプロジェクトの危険予知訓練をテーマに講演。
・ソフト・リサーチ・センター様にて、
 予測型統合変更管理をテーマに講演。
・ソフト・リサーチ・センター様にて、
 兵法に学ぶ!ITプロジェクトの極意をテーマに講演。
・日本経営システム学会第55回全国研究発表大会にて、
 『BRMSによるスマート・エンタープライズ実現に向けた企業システム戦略』
 をテーマに発表。
2014 ・ソフト・リサーチ・センター様(含む、社内研修)にて、
 上流工程のドキュメント・レビューをテーマに講演。
・ソフト・リサーチ・センター様にて、
 ITプロジェクトの危険予知訓練をテーマに講演。
・ソフト・リサーチ・センター様にて、
 予測型統合変更管理をテーマに講演。
・ソフト・リサーチ・センター様にて、
 兵法に学ぶ!ITプロジェクトの極意をテーマに講演。
・社内QA発表会 にて、「標準とレビューによる品質向上」をテーマに講演
・富士通ファミリ会関西 にて、
 「標準とレビューによるプロジェクト品質の安定化と向上」をテーマに講演
・富士通フォーラム 東京にて、
 「標準とレビューによるプロジェクト品質の安定化と向上」をテーマに講演
・IBMユーザ研究会長野研・北陸研にて、
 ユーザ論文の書き方「私はこうして克服した!症例別、論文苦手症の処方箋」をテーマに講演。
・富山県総合情報センター様にて、
 ITプロジェクトの危険予知訓練をテーマに講演。
・中部P2M研究会にて、「アジャイルなウォータフォールのすすめ」をテーマに講演。
・JISTA中部にて、
 「危険予知に基づく、攻めの変更管理術」をテーマに講演。
・JISTA/SAAJ合同合宿にて、
 ITプロジェクトの危険予知訓練をテーマに講演。
・防衛宇宙分野のPLM構築プロジェクトに参画。
・新型戦闘機の製造に資する情報システム構築プロジェクトリーダとして従事。
2013 ・ソフト・リサーチ・センター様(含む、社内研修)にて、
 上流工程のドキュメント・レビューをテーマに講演。
・ソフト・リサーチ・センター様にて、
 ITプロジェクトの危険予知訓練をテーマに講演。
・ソフト・リサーチ・センター様にて、
 ITプロジェクトの変更管理をテーマに講演。
・ソフト・リサーチ・センター様にて、
 兵法に学ぶ!ITプロマネの極意をテーマに講演。
・IBMユーザ研究会中部研にて、
 ユーザ論文の書き方「私はこうして克服した!症例別、論文苦手症の処方箋」をテーマに講演。
・富山県総合情報センター様にて、
 ITプロジェクトの危険予知訓練をテーマに講演。
・インテック様(富山県)にて、
 ITプロジェクトの危険予知訓練をテーマに講演。
・JISTA 中部支部主催 ITストラテジスト勉強会にて、
 「午後2試験 論述式問題対策の演習(章立てと概要)」の講師を担当。
・新型戦闘機の製造に資する情報システム構築プロジェクトリーダとして従事。
2012 ・第50回 IBMユーザ論文 銅賞 シンポジウム(福岡国際会議場)にて発表
 テーマ『守破離と3つのBOKで、SEの戦力アップ!』
・ソフト・リサーチ・センター様にて、
 上流工程のドキュメント・レビューをテーマに講演。
・ソフト・リサーチ・センター様にて、
 ITプロジェクトの危険予知訓練をテーマに講演。
・ソフト・リサーチ・センター様にて、
 ITプロジェクトの変更管理をテーマに講演。
・ソフト・リサーチ・センター様にて、
 兵法に学ぶ!ITプロマネの極意をテーマに講演。
・PMAJ主催 2012新春PMセミナー パネルディスカッションにて、
 「ITプロジェクト・リスクマネジメントについて考える」のパネラー担当。
・PMAJ主催 中部P2Mセミナーにて、招待講演
 演題:「〜不確実性の時代を生きる〜危険予知に基づく、攻めの変更管理術」
・JISTA 中部支部主催 ITストラテジスト勉強会にて、
 「午後2試験 論述式問題対策の演習(章立てと概要)」の講師を担当。
・JISTA 中部支部主催 愛知工業大学 寄付講座にて講演。
・PUSH&PULL生産管理システム構築プロジェクトリーダとして従事。
・新型航空機に資する情報システム構築プロジェクトリーダとして従事。
・全社調達管理システム(SAP)構築、事業部側ITリーダとして従事。
2011 ・ソフト・リサーチ・センター様より
 『兵法に学ぶ !! ITプロマネの極意』を発刊。
・第49回 IBMユーザ論文 準入選 シンポジウム(倉敷芸文館)にて発表
 テーマ『製造業の経営改善を加速するIT戦略』
・ソフト・リサーチ・センター様にて、
 上流工程のドキュメント・レビューをテーマに講演。
・ソフト・リサーチ・センター様にて、
 ITプロジェクトの危険予知訓練をテーマに講演。
・ソフト・リサーチ・センター様にて、
 ITプロジェクトの変更管理をテーマに講演。
・既存のMRP生産管理システムをPULL生産対応に再構築するプロジェクト
 のリーダとして従事。
・新型航空機の開発/製造に資する情報システムの構築に、プロジェクトリーダ
 として従事。
・全社調達管理システム(SAP)の構築に、事業部側ITリーダとして従事。
・全社生産管理システム(SAP)の構築に、事業部側ITリーダとして従事。
2010 日本プロジェクトマネジメント協会 37号 特集 私流PM、日本流PM
 テーマ『標準とレビューに基づく危険予知』で論文掲載。
・ソフト・リサーチ・センター様にて、
 上流工程のドキュメント・レビューをテーマに講演。
・ソフト・リサーチ・センター様にて、
 ITプロジェクトの危険予知をテーマに講演。
・TH企画セミナーセンター様にて、
 次世代のドキュメント・レビューをテーマに講演。
・ソフト・リサーチ・センターより
 『100の失敗事例に学ぶ !! ITプロジェクトの危険予知訓練』を発刊。
・既存のMRP生産管理システムをPULL生産対応に再構築するプロジェクト
 のリーダとして従事。
・新型航空機の開発・製造に資する情報システムの構築に、プロジェクトリーダ
 として従事。
2009 日本プロジェクトマネジメント協会34号特集 人材活用と組織能力の向上
 テーマ『モチベーションをベースとしたシステム部門の能力向上』
 で論文掲載。
・ソフト・リサーチ・センター様にて、
 上流工程のドキュメント・レビューをテーマに講演。
・ソフト・リサーチ・センター様にて、
 ITプロジェクトの危険予知をテーマに講演。
・既存のMRP生産管理システムをPULL生産対応に再構築するプロジェクト
 のリーダとして従事。
・新型航空機の開発・製造に資する情報システムの構築に、プロジェクトリーダ
 として従事。
2008 日本プロジェクトマネジメント協会31号特集
 ITプロジェクトにおけるリスクマネジメント

 テーマ『リスクマネジメントにおけるドキュメント・レビューの効果』
 で論文掲載。
・ソフト・リサーチ・センター様にて、
 上流工程のドキュメント・レビューをテーマに講演。
・ソフト・リサーチ・センター様にて、
 ITプロジェクトの危険予知をテーマに講演。
・既存のMRP生産管理システムをPULL生産対応に再構築するプロジェクト
 のリーダとして従事。
2007 ・第45回 IBMユーザ論文 佳作入賞
 テーマ『ウォータフォール型組織へのRUPによる反復型開発適用事例』
・ソフト・リサーチ・センター様より
  『ドキュメント・レビュー!!
 要求仕様書・設計書のレビュー実践とチェックポイント』
を発刊。
・ソフト・リサーチ・センター様にて、
 上流工程のドキュメント・レビューをテーマに講演。
・既存のMRP生産管理システムをPULL生産対応に再構築するプロジェクトの
 リーダとして従事。
JSOX法対応プロジェクト
 IT全般統制のリーダとして内部統制の整備&評価を推進、業務統制の
 システム担当PMOを担当。
 メインフレーム及びWindowsサーバ上の財務報告対象システムに対する、
 プログラム登録管理の文書化、管理ツール整備等。
システム構築プロセスの改革
 全部課長140人をヒアリングしシステムビジョンを策定すると共に、
 投資案件の優先付け評価基準を設定。
 企画・開発運用・評価までシステム部門主導の新システム構築プロセスへ移行、
 標準として制定。
2006 ・アシスト・ソリューション研究会
 プロジェクト・マネージャの育成分科会参加(中日本)
 分科会活動報告書 特別賞
 『危険予知訓練による、実践型プロマネ育成モデルの提案』
・ソフト・リサーチ・センター様にて、
 上流工程のドキュメント・レビューをテーマに講演。
・IBMユーザ研究会(関西)様にて、
 第43回IBMユーザ論文
 『サービス指向がもたらすレガシ・システムの蘇生』をテーマに講演。
・第44回 IBMユーザ論文 努力賞
 テーマ『自社生産管理システムのサプライチェーンへの迅速な展開』
・システム部門の活性化を目的とした、社内メールマガジンを創刊し、
 掲示板を開設。システム構築プロセスの改革に着手(社内請負型から
 社内マーケティング型へ)。
・日本版SOX法対応プロジェクトに参画。
 IT全般統制に関するIT関連業務(開発標準、変更管理、アクセス管理等)の
 整備を実施。
・航空機業界EDIセンター幹事
 同、センターの幹事としてEDIセンターの運営、EDIの普及促進に従事。
2005 ・第43回 IBMユーザ論文 準入選
 シンポジウム(岐阜 長良川国際会議場)にて発表
 テーマ『サービス指向がもたらすレガシ・システムの蘇生』
・アシスト・ソリューション研究会 IT投資効果測定分科会参加(中日本)
 分科会活動報告書 優秀賞 『実践型IT投資評価のガイドラインの提案』
・社外からインターネット経由で、品質管理システム,電子図面閲覧システムを利用
 TAM,IBM Websphere5.0,Linux,Java
・新工場の生産管理システム構築において、
 RUPによる反復型開発手法を導入・適用開始
・メルマガ『失敗事例に学ぶ、我が社のケチケチ システム構築術』100号発行
 101号より 『企業システム戦略』としてリニューアル。    
『100の失敗事例に学ぶ システム構築成功の秘訣』
 (A4,200Page,PDF file)を電子自費出版。    
2004 <情報処理試験:システム監査技術者合格>
 論文:SCM構築におけるWin-Win投資対効果、情報セキュリティ、
                        下請法準拠等の監査
・PDMとExcelをCORBAで連携。
 さらにNotesのワークフローを組合わせた、設計変更システムの
 サービス指向アーキテクチャを構築。
・生産管理改革プロジェクトにおいて、製造部品表の精度向上に関する
 社内コンサルティングを実施。現状調査から精度向上対策、投資効果を提案。
アシスト・ソリューション研究会 バランススコアカード分科会発表会
                     (名古屋会場、大坂会場)
 『バランススコアカードの効能と用法、使用上の注意』(活動報告書)
・日本システム監査人協会/日本システムアナリスト協会 中部支部合同合宿
 『これからの情報マネジメント』 ITガバナンスなどをテーマに講演
・財団法人 愛知県中小企業振興公社
 ネットあいち産業情報 平成16年11月1日号 掲載
 特集 バランス・スコアカードとIT投資
 第2部 最小の投資で最大の効果を生むシステム戦略
・@IT 情報マネジメント
  『企業システム戦略の基礎知識』連載開始
2003 <情報処理試験:システムアナリスト合格>
 論文:SCM戦略におけるビジョン共有、TOC適用、
              ベストプラクティスの自社への適合方法
・日経コンピュータ 2003/2月号
 特集 Lyeeの謎に迫る 162ページにインタビュー記事掲載
【V字回復の経営】【ロジカルシンキング】【バランススコア・カード】
・加工外注ベンダとのインターネットによる作業指示、進捗データ交換
 Linux、SSL暗号化
・外注ベンダからVPN経由で、ホスト生産管理システム利用
 VPN,IBM HATS(HostAccessTransrationSuite)
・Apache+Tomcat+MySQL+Excel でWeb設計支援システム
2002 ・日経情報ストラテジ 2002/3月号
 緊急レポート ITコストは、まだ下がる第3弾
 64ページにインタビュー記事掲載
・日経オープンシステム 2002/4月号
 特集 仕様変更に打ち勝つ 114ページにインタビュー記事掲載
・米国航空機メーカ生産改善プロジェクト関連システム開発リーダ
 OKITAC Metaphase(PDM) オブジェクト指向 Orbix(CORBA)
 XP,CMM
・JUAS10周年記念行事
 「次世代への提言」作文入選 テーマ:「10年後のITへの夢と期待」
 タイトル:「真のIT国家をめざした学校教育」
・名古屋市小学校IT教育支援ボランティア
・情報漏洩防止対策
 Win2000&XP ISMS IT資産管理ソフト(QND) ApachSOAP
 【定年したら社長になろう】【チェンジ・ザ・ルール】
 【Webサービス完全ガイド Webサービスの全て】
2001 ・生産管理システム再構築プロジェクトリーダ
 MQ/JAVA XML Tomcat HTML Lyee
 「Lyeeによる、Javaプログラムの作成事例」Lyeeフォーラム2001発表
 ASPROVA(SCM) J2EE JAVA/ホストIMS連携
 【TOC ザ・ゴール】【バリューチェーン】
 【仕事は楽しいかね】【いつまでバグを買わされるのか】
 【10cmの思考法】【Javaがわかる本】【XMLがわかる本】
2000 ・新設計変更管理システム開発リーダ
 MQ/IMSブリッジ JSP/Servlet NotesOLE
 Excel/ホストIMS連携 Notes/Excel連携
・システム監査要領策定 システム監査基準
 【ソフト/ハードの税務と法律】【7つの習慣】【タイムクエスト】
1995 ・商事会社EDIシステム受託開発リーダ
 WinNT オラクル VB、C++ Win95 MSAccess VBA ODBC
・下請メーカのLAN設備導入計画リーダ
・米国航空機メーカ生産改善 EBS/STEPチーム日本代表(米国出張2回)
<情報処理試験:プロジェクトマネージャ合格>
論文:構造化設計と設計レビューによる品質・納期・コスト・リスクの統合管理
・AP203STEPトランスレータ(部品表)開発リーダ
 RS6000 AIX PDELib(STEPツール)
 STEP規格 ISO10303 Part21/AP203 Express言語
・技術・生産・資材管理システムグループリーダ
・新技術資料管理システム開発リーダ
 S390 OS/390 MSSQLServer WebSphere、IIS
 Java DB2Connect JDBC 98-SLCP-JCF98
 JAVA/ホストDB2連携(社内初)
1990 ・米国航空機メーカとの共同開発C&C/EBS日本代表(米国出張2回)
 *EBS:EngineeringBusinessSystem
 HP9000、HP−UX Netware LAN Manager
 PS/2 DOS、OS/2 3270EM TCPIP/MVS C言語
 【コンサルタントの秘密】【人を動かす】
・システム開発レビュー要領策定
 【ソフトウェアの品質保証】
・米国航空機メーカとの共同開発C&C日本代表(米国半年駐在)
・資材管理システムグループリーダ
 CASEツール(CSP、SATT)
・ファンクションポイント法による見積もり基準策定
 ファンクションポイント 【ソフトウェアの測定】COCOMO
1989 ・技術/生産管理システムグループリーダ
  ・システム開発標準策定、DOD-STD-2167A
<情報処理試験2種合格>
 【ライトついてますか】【要求仕様の探求学】
<情報処理試験1種合格>
1988 ・設計変更管理システム 設計・開発
 DB2 SQL データ中心指向分析・設計
 【スーパーエンジニアへの道】(この本で、ワインバーグ氏と出会う)
1987 ・統合部品表(BOM)管理システムの設計・開発
IBM社の生産管理パッケージ(COPICS)のマニュアルでMRPを学習し、IMS論理データベースを駆使し、設計部品表と製造部品表を一元的に管理できるデータベース・モデルを設計した。このデータベースでは、設計部品表が変更されると、同時に製造部品表も変更される。また、親子展開、逆展開、所要量計算、ループチェックなどBOMの基本機能一式を設計・実装した。このレガシシステムは25年を経て1000万件以上のデータを管理し、今でも健在である。
1986 ・電装品図面管理システムの設計・開発
1985 ・部品表管理システムの設計・開発
1984 ・技術資料管理システム
 アセンブラ、構造化分析・設計
1983 ・メーカ(航空宇宙部門) 入社
・オンライン作業手順書作成システム
 IBM370 MVS IMS/DB/DC PL/I
 RPG、EASY ISPF 構造化プログラミング
1983 ・国立豊田高専電気工学科卒
 富士通 FORTRAN TK80 機械語