スポンサーリンク

大きな問題は、小さく分割して取り組む作戦

三十六計

 強大な相手に、真っ向から挑み勝利するのは、格好よいですね。しかし、そのようなことは、確実に勝つことを考えるなら確率の低い作戦です。中国では、孫子をはじめ  戦わずして勝つ、戦うなら確実に勝つ、それが賢明な戦い方であるとされます。これは、相手を小さく分散させ、隙をつくという作戦です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ●企業システム戦略 兵法三十六計 勝戦の計 第二計 囲魏救趙
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 囲魏救趙  魏(ぎ)を囲んで趙(ちょう)を救う

敵を一箇所に集中させず、奔走させて疲れさせてから撃破する戦術を囲魏救趙の計と呼ぶ。

敵を集中させるよう仕向けるよりも、敵を分散させるよう仕向けるのがよい。
敵の正面に攻撃を加えるよりも、敵の隠している弱点を攻撃するのがよい

 出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より


 強大な相手に、真っ向から挑み勝利するのは、格好よいですね。

 しかし、そのようなことは、確実に勝つことを考えるなら確率の低い作戦です。

 中国では、孫子をはじめ  戦わずして勝つ、戦うなら確実に勝つ、それが賢明な戦い方であるとされます。

 この作戦も、その典型でしょう。

 相手を小さく分散させ、隙をつくという作戦です。

 この、対象を小さく分割するという考え方は、課題や問題を解決する常套手段ですね。

 そもそも、分析というのは、”分ける”ということです。


 小さく把握しやすい単位に分けて考えることで、より思考を集中しやすくなります。

 そして、最も効果的な部分にリソースを投入することで、成果が得られやすくなります。


 システムにおいても、全体を一気にいじるよりも、まず、小さいサブシステムに分割しましょう。

 そして、ボトルネックを見つけ、集中的に改善しましょう。

 そしてボトルネックが解消したら 次のボトルネックを探して、改善する。

 これを繰り返すのがTOCの改善サイクルです。


 一生懸命改善しているのになかなか効果が現れないのは、一気に全方位で改善をバラバラと進めているケースが少なくないようです。


 ボトルネックを集中的に改善するためのIT投資であれば、小さく始められます。

 要件も百花繚乱にならずに、まとをしぼったものになります。


 システム要件を決めるというとあれもこれもと、全てを広く網羅的に考えてしまいがちです。

 そのような場合も、要件を小さく分割して、優先付けして反復的に開発を進めたほうが、リスクが少なくなります。これが、アジャイルの利点です。

 要件を小さくすればソフトウェアも必然的に小さくなります。

 小さなソフトウェアのほうが、QCD(品質・納期・コスト)コントロールしやすいというのが、ソフトウェア工学の基本です。
ご存じのように「モジュール化」「モジュール強度」「モジュール結合度」などです。

■120社1000人以上が受講!!

1.研修      
  経験と勘だけのレビューから脱却する!レビューを体系的に学び、成果につなげる!          
  『【リスク指向】超ドキュメントレビュー実践法』
  ※実務ですぐに使えるチェックリストを使用した演習付き!
  
  危険予知能力を高め、リスクを見つける!
  『100の失敗事例に学ぶ!企業システム戦略の危険予知訓練』
  ※すぐに実践で役立つ100の失敗事例による危険予知訓練の演習付き!

■便利な道具箱

自動でしゃべるパワーポイント(VBAマクロ)
 ノート欄のテキストを音声合成エンジンが読み上げ、画面も自動で切り替わるVBAマクロ!
音声を録音するよりとっても楽です。失敗して録音をやり直す手間もなく、部分的な変更も楽々です。

簡易日程計算(Excel/VBA)
 製品構成展開されたツリーデータを使用して、製品を期日までに組立完成させるために必要な日程を計算するExcel/VBA!

簡易原価積上げ計算(Excel/VBA)
 製品構成展開されたツリーデータを使用して、製品を構成する部材の原価を積上げ、製品原価を計算するExcel/VBA!

簡易所要量計算(Excel/VBA)
 製品構成展開されたツリーデータを使用して、製品を組み立てるために必要な部品の個数を
 計算するExcel/VBA! 

■間違いだらけのシステム構築(無料冊子ダウンロード)
 ~企業システムの強化書~
 https://www.kigyo-systems.com/books/book.html

メルマガ読者登録・配信中止



コメント

タイトルとURLをコピーしました