2022-05

書籍

企業システム戦略におすすめ!書籍14選

企業システム戦略を実践し、システム開発で成功するために読むべき、おすすめの本を紹介します。
ソフトウェア

悩ましきライセンス数不足

高額なソフトウェアライセンス。ソフトウェアライセンス数不足に悩まされる企業も少なくありません。どうしたらソフトウェアライセンス数を過不足なく最適化することができるのでしょうか。ライセンス使用状況の監視だけではなく、働き方改革や作業負荷の平準化など経営戦略や情報戦略にも関わります。
研修

【リスク指向】超ドキュメントレビュー実践法

プロジェクトを成功裡に進めるうえで、上流工程での質の良いドキュメント作成法と下流工程での手戻り防止のほか、進ちょく把握、リスク管理等に効果的なドキュメントレビューを実践するための具体的な方法とチェックリストを使用した[演習]を取り入れながら解説いたします。
書籍

ドキュメント・レビュー!!
要求仕様書・設計書のレビュー実践とチェックポイント

質の良いドキュメント作成法と下流工程での手戻り防止のほか、PMBOKをベースとした、プロジェクト管理、リスク管理等に効果的なドキュメント・レビューを実践するための具体的な方法とチェックポイントを[紙上演習]を取り入れながらご紹介いたします。
ワークフロー

ぜんぜん楽じゃなかった!ワークフロー

「楽々」と銘打ったワークフローの作成ですが、ふたを開けてみると、ぜんぜん楽じゃなかった!というお話です。ノーコード開発だからと甘く見ずに、何事も最初はシンプルなところから取り組んで段階的に高度化を図る「守破離」の考え方がよさそうです。
プロジェクト管理

◆ダメ!レビューに良くある5つの勘違いと解決策

システム開発において「効果的なドキュメントレビューができない。」という悩みを持つプロジェクトマネージャ、品質管理者やエンジニアは少なくない。そこにはドキュメントレビューに対する勘違いや誤解などがある。ダメ!レビューに良くみられる5つの勘違いとその解決策を紹介!
プロジェクト管理

◆トップのリーダーシップなど組織的リスクとは?

システムとの関わりを持つ組織を切り離して考えることはできない。目的やビジョンの策定に始まり、要件定義や要求仕様の作成、運用試験、実用展開とあらゆる段階において、組織的なリスクが存在する。ITのあるべき姿に組織を導く能力を、ITガバナンスという。
プロジェクト管理

◆カタログどおりに動かないなど技術的リスクとは?

近年は、ITの高度化・複雑化によりシステム構築における技術的リスクが高くなっている。かつての汎用機だけの世界に比べると、パソコンやUNIXが混在し、それらがネットワークでつながれている。また、搭載されるソフトウェアも、さまざまなベンダのものが混在している。
プロジェクト管理

◆要員スキルや人間性など人的リスクとは?

正しく認識するのも、誤認するのも全ては「人」。コンピュータに誤認させているのも、やはり「人」が誤認し、誤認にもとづいて指示をしているからにほかならない。システム構築が、極めて労働集約的な作業である以上、「人」は、大きなリスク要因である。
プロジェクト管理

◆要件定義の取り違えなど認識的リスクとは?

システム構築は、認識に始まり認識に終わる。いろんな段階で、認識を誤る、勘違いするというリスクがある。目的を誤認する。要件を誤認する。要求事項を誤認する。伝える相手を誤認する。聞く相手を誤認する。進捗状況を誤認する。問題の本質を誤認する。
タイトルとURLをコピーしました