企業システム戦略研究会

DX

DXでアジャイルが良いわけ

DXではアジャイルが良いと言われています。DXでデジタル技術やツールを選択するのは不確実性が高いもの。自社の強み弱みを分析してマッチするものを選択することが重要です。しかし、分析ばかりに時間を費やすのも得策ではありません。大義名分と勝算があるなら、あとは素早く動くこと。
孫子

勝算があるなら素早く動くこと!

DXではアジャイルによる取り組みが推奨されています。アジャイルとは、俊敏にPDCAサイクルを回すという趣旨です。計画の精度を上げるために時間を費やすより、まずは動いてみてその結果を評価しフィードバックして、また考えるというスタイルがうまくいく可能性が高いと言われています。
DX

DXツール、何を選べば正解?

多種多少なDXツールの中から、自社に合うものを適材適所に選択・配置するにはどうすればよいのか。各ツールの特徴、強み弱みと自社の強み弱み、課題がピッタリとマッチすれば、それが末永く使える適材適所のツールとなり得る。重要なのはデジタル技術の深い知識ではなく、本質を見極める「気くばり」である。
五輪書

適材適所にシステムを組み合わせるには

ひとつのシステムだけで企業システムを構成することはできません。世の中にある様々なシステムや自社で開発したシステムを適材適所に組み合わせて企業システムを構成するには、それぞれのシステムの特徴を押さえて、その特徴に応じた役割を配分することが重要です。
DX

DX、変革の笛吹けど踊らず

経済産業省では、経営者が率先垂範すべき事柄を「デジタルガバナンス・コード」としてまとめています。経営者がこれを実践すればDXの変革は進むでしょうか。「笛吹けど踊らず」にならないのでしょうか。宮本武蔵は五輪書の中で、法は将がおこない、卒も知るべきことと言います。
五輪書

ガバナンスは誰のためのものか、なぜ必要なのか

組織を統治するためのガバナンスは誰のためもの?経営者?宮本武蔵は五輪書の中で「兵法といふ事、武家の法なり。将たるものは、とりわき此法をおこなひ、卒たるものも、此道を知るべき事成。」と説いています。つまり、組織に属する全てのひとのものであると。
DX

デジタルで構えを柔軟に変える

プロセスにおけるデジタル化の意義や目的は様々です。その中のひとつは、変化への柔軟な対応,、適応能力の向上にあります。プロセスをデジタル化することで変化に対応するための情報伝達にかかる時間とコストを減らし、遅れによるリスクを抑制することができます。
五輪書

変化に適応しやすいアーキテクチャ

VUCAの時代、変化に適応できなければ生き残ることが難しくなっています。では、変化に適応しやすいアーキテクチャとはどのように考えればよいでしょうか。剣豪「宮本武蔵」は五輪書の中で、有構無構(構えがあって、構えがない)という考え方を説いています。
DX

DXが成功するか不安ですか?

世の中はDXだ、変革だとさかんに言うけど、成功するかどうかよくわからない。そこで、孫子は言う「勝算が多ければ勝てる、少なければ勝てない、ましてや勝算無きは論外である」と。しっかりと事前に情報収集し分析評価して勝算があるか無いかを見極めることが重要である。
孫子

勝算があるなら勝てる!しかし、少ないと危険、無いのは論外

プロジェクトの立ち上げにあたって、うまくいくかどうか誰しも不安はあります。ただ、漠然とした不安を抱えているだけでは一歩を踏み出せません。かといって、闇雲に突進するのも無謀です。孫子は、勝算があるなら勝てる、勝算が少なければ勝てない、ましてや勝算が無ければ話にならないと言う。
タイトルとURLをコピーしました