企業システム戦略研究会

三十六計

苦手な人とうまく付き合うには、有利な方向に誘導するよう接するのが望ましい

虎のように怖い、苦手な人とうまく付き合うには、力で立ち向かうのは愚策です。それよりは、うまく話をして有利な方向に誘導するよう接するのが望ましいです。相手が望んでいることがどのようなことかをあらかじめリサーチして、提示することで、相手に動いてもらうように仕向けることです。
DX

内輪もめを見つけた時の対処法として、離れて静観するのもひとつ

内輪もめを見つけた時は、なんとかしようとあれこれ画策するよりは、離れて静観する方が良い結果になることもあります。WBSでバッテリー間での内輪もめ、監督と選手の間での内輪もめ。DXで変革を進めるときの利害関係者間での内輪もめなども同じようなことが言えます。
兵法

あれこれシステムを変更する前に、運用で解決できないか考えてみて!

課題を解決するために、あれこれシステムを変えたくなるものですが、その前に、運用で解決できないかを考えてみてください。孫子の兵法に「百回戦って百回勝っても、それは最善の策とは言えない。戦わずして、敵を屈服させることこそ最善の策である。」と書いてあります。何百回もシステム変更を繰り返すより、システムを変更をせずに運用で解決できれば、それが最善の策です。
孫子

変革に対する抵抗勢力は巻き込むこと、排除するのは二の次

変革に対する抵抗勢力は巻き込むのが得策です。一方的に力でねじ伏せるようなことをすれば、必ず将来に禍根を残します。 多くの利害関係者が存在し、利害関係者間での衝突が、様々な場面で発生します。組織内の多様なものの存在を認め、化学反応を起こすことが国(企業システム)を強大にします。
DX

変革から抵抗の目をそらし、素早く実行する作戦

DXで言われているデジタル技術を活用した 新しいサービスやプロセスの創出には抵抗があります。その抵抗の目をそらして、先進的な取り組みを素早く実行するには、それと同時に基幹システム更新などを大々的に進めることです。これは兵法三十六計には、敵戦の計の第八計に暗渡陳倉(あんとちんそう)という作戦です。
システム開発

◆システム開発費はもっと安くなる!見積りの取り方は?

システムはハードウェアとソフトウェアから構成されおり、それぞれに見積もりのベースとなる要素がある。それらの要素は、決して専門家だけが理解できるものであってはならず、あくまで顧客視点でのシステムに対する要素をベースに見積り・比較検討・商談がなされるべきである。
企業システム戦略

システム開発で重要なポイント83項目

ユーザー企業が確実に成果を出すためにシステム開発やシステム導入で重要なポイント83項目。戦略策定から実用化して成果を出すまでの基本的な作業の進め方とポイントを説明します。特にDX(デジタルトランスフォーメーション)の推進に有効とされる内製化やアジャイルをやるなら、必ず知っておくべきことです。そして、確実に成果を手にしたいなら、これらを知ったうえで実践することがなにより大切です。
DX

成功する変革の進め方は、無(虚)から有(実)へ!

日本のDXはなかなか変革が進まない一方、いきなり100点を取りに行って失敗するなど、変革に苦労している企業が多いようです。変革を成功させるために兵法三十六計の敵戦の計(第七計)に「無中生有」という作戦があります。最初は小さな変革を実行して警戒感を抑え、慣れた後に本命の改革を行う作戦です。
DX

進むデジタル、進まぬ変革?

DX白書2023では、日本企業のデジタル活用が進んでいるものの、変革があまり進んでいない点を危惧しています。しかし、本命である変革を進める前にデジタル技術がどのようなものかに気を引いて、興味を持ってもらうことが重要です。デジタル技術に興味を持って活用を進める過程で、変革も進んでいくように思います。
五輪書

戦いに勝つには「拍子」を知ること

戦いに勝つには「拍子」を知ることが重要です。戦いの中で拍子は常に変化しているもので、変化するのが当然です。その変化に柔軟についていくことが拍子を乱さないことです。あるいは、逆の拍子で意図的に拍子を乱してみるのも手です。拍子をつかむためにBIツールによる分析が有効です。
タイトルとURLをコピーしました