スポンサーリンク

DXでアジャイルが良いわけ

DX

 DXへの取り組みで、どのようなデジタル技術ツールを選択すれば良いか

 悩ましいところです。

 そこで、自社の強み弱み(SWOT)を分析し、強みをさらに強く、弱みを補強できる
 マッチしたものを選ぶのがよいというお話をしました。


 ここで注意が必要なのは、分析に時間をかけ過ぎないということ。

 どれだけ分析に時間をかけても、完全にマッチしたものを選択することはほぼ不可能です。


 勝算ありと選択したものが、思ったほどではなかったなんてことは少なくありません。

 そこはある程度、割り切りも必要

 使ってみてダメなら、再選択しましょう。


 ダメかどうかは、強み弱みが意図したように補強されそうかどうかで判断できます。
 そのためにSWOT分析が必要になります。

 強み弱みを軸に、(これがないと判断ブレます。

 この選択→評価→再選択を素早く繰り返すことで不確実性を減らせます。

 DXではデジタル技術やツールの選択でも不確実性が高くなります。

 だからと言って、不確実性を減らすために分析ばかりに時間を費やすのも得策ではありません。


 しっかりした大義名分があり、分析によるある程度の勝算が得られたなら

 あとは素早く行動することです。


 時間をかけて成功する確率は極めて低いと、孫子も言っています。

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 孫子の兵法 作戦篇 その1 兵は拙速を聞くも
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

兵は拙速を聞くも、いまだ巧の久しきを賭ざるなり。

■120社1000人以上が受講!!

1.研修      
  経験と勘だけのレビューから脱却する!レビューを体系的に学び、成果につなげる!          
  『【リスク指向】超ドキュメントレビュー実践法』
  ※実務ですぐに使えるチェックリストを使用した演習付き!
  
  危険予知能力を高め、リスクを見つける!
  『100の失敗事例に学ぶ!企業システム戦略の危険予知訓練』
  ※すぐに実践で役立つ100の失敗事例による危険予知訓練の演習付き!

■便利な道具箱

自動でしゃべるパワーポイント(VBAマクロ)
 ノート欄のテキストを音声合成エンジンが読み上げ、画面も自動で切り替わるVBAマクロ!
音声を録音するよりとっても楽です。失敗して録音をやり直す手間もなく、部分的な変更も楽々です。

簡易日程計算(Excel/VBA)
 製品構成展開されたツリーデータを使用して、製品を期日までに組立完成させるために必要な日程を計算するExcel/VBA!

簡易原価積上げ計算(Excel/VBA)
 製品構成展開されたツリーデータを使用して、製品を構成する部材の原価を積上げ、製品原価を計算するExcel/VBA!

簡易所要量計算(Excel/VBA)
 製品構成展開されたツリーデータを使用して、製品を組み立てるために必要な部品の個数を
 計算するExcel/VBA! 

■間違いだらけのシステム構築(無料冊子ダウンロード)
 ~企業システムの強化書~
 https://www.kigyo-systems.com/books/book.html

メルマガ読者登録・配信中止



コメント

タイトルとURLをコピーしました