スポンサーリンク

リソースの制約を突破する外注政策

雑記帳

 人もの金といったリソース制約があって
 やりたいことができない!
 プロジェクトが危ない!

 そんなときには外部からリソースを調達することで解決できます。

 例えば、

 人のスキルが不足する場合、自社で必要なスキルを確保するには時間もお金もかかります
 必要な人材を外部から調達すれば、お金はかかりますが、時間短縮できます。

 あるいは、そのスキルが設備導入など短期的に必要となるだけの場合も、外部調達が有効です。 
 人材を外部調達するのに必要な資金も短期的に外部調達するほうが有利です。

 設備なども、特殊な設備が短期的に必要になる場合、外部調達が有利です。
 データ移行の設備などは、移行完了後は不要になってしまいます。


 このように短期的に必要なスキルや設備がピークアウトする場合は、外部調達が有利です。

 一方で、長期的に必要となる人もの金を外部調達する場合は、要注意です。
 それらのリソースが無いと事業継続が困難となるリスクを抱え込むことになります。


 例えば、
 基幹システムを外部調達する場合、その運用保守費に対する交渉力は大幅に弱くなります

 交渉力を維持するためには、導入時に内部リソースを確保するか、代替の外部リソースを準備するかなんらかの対策が必要です。


 ソフトウェアであれ、ハードウェアであれ内部で運用保守するためには、自力で修理できるかどうかです。

 設備を自力で修理しながら、長期間使用している工場は少なくありません。基幹システムも同様です。

 今後、これらを更新する場合、外部調達するとしたら短期的か長期的かによって適切な外注政策を考える必要があります。

DXには内製化が有効とされています。一方で外力活用も少なくないという現実もあります。

プロジェクト自体は有期的な活動ですが、その成果物には長期的にリソースが必要な要素も含まれます。そのリソース制約を内とするか外とするかで考えるべきリスクも変わってきます。


 御社にとって、どのようなリスクがより大きな脅威となるでしょうか。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ●兵法三十六計 勝戦の計 第三計 借刀殺人
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 借刀殺人(しゃくとうさつじん) 「刀を借りて人を殺す」

■120社1000人以上が受講!!

 経験と勘に頼ったレビューからの脱却!
 レビューを体系的に学び、成果につなげる!

研修『【リスク指向】超ドキュメントレビュー実践法』
実務ですぐに使えるチェックリストを使用した演習付き!

■便利な道具箱

自動でしゃべるパワーポイント(VBAマクロ)
 ノート欄のテキストを音声合成エンジンが読み上げ、画面も自動で切り替わるVBAマクロ!
音声を録音するよりとっても楽です。失敗して録音をやり直す手間もなく、部分的な変更も楽々です。

簡易日程計算(Excel/VBA)
 製品構成展開されたツリーデータを使用して、製品を期日までに組立完成させるために必要な日程を計算するExcel/VBA!

簡易原価積上げ計算(Excel/VBA)
 製品構成展開されたツリーデータを使用して、製品を構成する部材の原価を積上げ、製品原価を計算するExcel/VBA!

簡易所要量計算(Excel/VBA)
 製品構成展開されたツリーデータを使用して、製品を組み立てるために必要な部品の個数を
 計算するExcel/VBA! 

■間違いだらけのシステム構築(無料冊子ダウンロード)
 ~企業システムの強化書~
 https://www.kigyo-systems.com/books/book.html

メルマガ読者登録・配信中止

コメント

タイトルとURLをコピーしました