ソフトウェア

ソフトウェア

要件の裏を取れ!

刑事ドラマで事情聴収した内容の事実確認を「裏を取れ!」という。同様にヒアリングを主体としてシステム技術者が要件定義を行う場合、要件の事実確認を怠るべきではない。「裏を取れ!」はやはり重要である。運用試験以降にあるはずのデータが無いことが発覚すれば、大きな手戻りが発生する。それを思えば「裏を取る」手間を惜しんではならない。
ソフトウェア

無欠陥より価値創出を!

日本のものつくりは高品質。これと同じようにソフトウェアにも求めすぎていないだろうか。無欠陥なソフトウェアを作ることは難しいのも事実。それより新しい価値を創造することを主眼にアジャイルに作るのが得策ではないだろうか。完璧を求めすぎず固執せず、80点の完成をめざそう。
ソフトウェア

悩ましきライセンス数不足

高額なソフトウェアライセンス。ソフトウェアライセンス数不足に悩まされる企業も少なくありません。どうしたらソフトウェアライセンス数を過不足なく最適化することができるのでしょうか。ライセンス使用状況の監視だけではなく、働き方改革や作業負荷の平準化など経営戦略や情報戦略にも関わります。
タイトルとURLをコピーしました