RPA

RPA

他人任せDXのツケ

業務部門が自らRPAを活用してDXを推進すれば要件の不備に早く気が付き軌道修正ができる。しかし、IT部門などがロボットの開発を引き受け、従来のシステム開発と同じようにヒアリングにより要件定義をする場合、思わぬ事態になることがある。つまり、従来のシステム開発と同じように要件定義を失敗する。RPAのようなノーコード開発によるDXでも、要件の事実確認は重要だ!
RPA

ロボット育成計画

人を育てるには人材教育計画が必要であるのと同じように、ロボットを育てるにも教育計画が必要である。それは、自分の仕事を整理し、ロボットの開発能力を高める結果にもなる。最初から高度なことをロボットにやらせようとして時間ばかりを費やすのは得策ではない。
タイトルとURLをコピーしました