戦略策定

企業システム戦略

◆開発体制におけるキーマンの役割は?

システムを最小の投資で構築し、素早く投資回収するためには、プロジェクトチームのメンバとして、対象業務及び組織のキーマンを参画させることは必須である。キーマンとは、単に実務に詳しいだけでなく、その組織の中での発言力が強く、リーダシップを発揮できる人物である。
企業システム戦略

◆コンサルタントをうまく活用するには?

システム構築プロジェクトのメンバにコンサルタントを参加させるべきか、また、参加させるとしたら、どのタイミングで参加させるべきなのか。
企業システム戦略

◆目的を達成するために必要なものは?

現代の複雑で、スピードの速い経営環境では、ビジョンが明確になったとしても、そこへどうやって到達すれば良いのかが分からない。ビジョンを達成するための新しい仕事のやり方を設計するために、その根幹となる考え方として、何らかの方法論が必要になる。
企業システム戦略

◆プロジェクトの目的を周知するには?

ビジョンを、プロジェクトメンバや内外の関係者で、共有し続けることが重要である。ビジョンを検討したメンバや一部のメンバだけが、ビジョンを理解しているだけでは、プロジェクトが迷走するリスクは大きい。
企業システム戦略

◆プロジェクトの目的を明確化するには?

目的地を決めずに、フラリと出かける気楽な旅行は楽しいものであれが、システム構築においては、絶対にやってはならない。ところが、意外にこのようにプロジェクトをなんとなく、世情に流されて始めてしまい、途中で迷走しているプロジェクトが少なくない。
企業システム戦略

◆システムを長期的に活用するためのポイントは?

「守・破・離」のステップを踏んで、段階的にシステムを強化していけば、着実にシステムを強化することができる。最小の投資で、基本的なところから始め、成果を評価しつつ、段階的にシステムを強化していけば、結果として、ムダな投資を防ぎ、その効果を最大化できる。
企業システム戦略

◆システムの投資回収を早くする開発方法とは?

優先順位をつけた各案件を、どのように開発していくのが効率的であるか。マルチタスクで開発するより、シングルタスクとして短期開発した方が、同じ投資をするにしても、効果を早く順次獲得でき効率が良い。
企業システム戦略

◆システムの投資対効果を最大化するには?

ここでは最小の投資で、最大の効果を生むシステムを具体的な戦略・計画に落とし込むための優先順位付けについて、少し実務的な話をしよう。最小の投資で、最大の効果というのは、いわゆるROI(投資利益率:利益÷投資×100%)として数値化する。
企業システム戦略

◆システムの投資対効果を正しく評価するには?

IT投資効果を定量的にチェックできる企業は、4%程度だそうだ。導入しても評価されない個別システムが増えているらしい。その為、ITガバナンス(ITを適正に導入・運営する仕組み)を確立するための評価指標が求められている。
企業システム戦略

◆システムの投資対効果は利益だけか?

不況の影響もあり、IT投資に対して消極的な企業が多いと聞く。確かに、システムによる成果として、はっきり利益金額として得られるケースは少ない。
タイトルとURLをコピーしました