スポンサーリンク

Yesを繰り返すとNoが言いにくくなる作戦

三十六計

何事も満足状態や定常状態が続くと緊張感が失われるものです。緊張感が失われたところに隙ができます。そのような人間心理の隙をついた作戦です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●企業システム戦略 兵法三十六計 勝戦の計 第一計 瞞天過海
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 瞞天過海  天を瞞(あざむ)いて海を過(わた)る

何度も繰り返して、または日常的に、見せかけで物事を行い、敵がその行ないを見慣れて警戒心を懐かなくなるようにし、敵の油断を招く偽装作戦である。

 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 何事も満足状態や定常状態が続くと緊張感が失われるものです。緊張感が失われたところに隙ができます。そのような人間心理の隙をついた作戦です。

 隙は、陽の当たるところにこそ陰ができるのであり、表裏一体のところに存在します。

 相手にYesと言わせるには、必ずYesとしか答えられないような質問を続けて、その上で、本題の質問をするとYesと言わせやすいということを聞いたことがあるでしょう。

 それも、同じような人間心理です。

 Yes、Yes、Yes。。。と続けていると、突然に No とは言い難いものです。


 プログラムでも、バグが発生しやすいのは例外処理です。

 IF Then
   IF Then
    IF Then

 などと続くと、、
  Else の処理に隙が生まれます。


 プロジェクトでも、一見、順調な状況から突然、火を噴くものです。

 病気がちな人より、健康な人のほうが大病をするともいいますね。


 変革推進や要件定義では、利害関係者の調整において、反対派を説得するにも、このような作戦が有効です。

 賛成派の意見で周りを固め、少しずつ、肯定的な実績を積み上げていき、それが普通の状態だと思わせてしまうとか。。

 また、問題解決や改善での、思いもよらないアイデアというのは、日常のちょっとしたところから
 生まれるものです。

 奇抜なところに奇抜なアイデアはありません。

 日常的なところでの一工夫だからこそ、あっ! と言うようなアイデアになるのです。
 
 そのためには、日常をなにげなく過ごすのではなく、常に問題は無いか、改善点はないか感性を磨いておくことが大切です。

 そのような改善体質に、全員がなっているのがトヨタだそうです。

 彼らは、同じことが繰り返され改善が無いと“気持ちが落ち着かない”そうです。
 改善病といえるような精神状態ですね。

 なかなか、ここまでの意識レベルに到達するのは簡単ではありません。

 それでも、金融危機以降、意識が甘くなっているとすぐさま、気を引き締めるのが、すごいです。

 普通は、頭で分かっても、体質はすぐに変わらないのです。この模擬困難性が、強みになるのです。

 このような戦略が、リソースベースドビューです。

 人間というもの、あるいは、システムもそうですが、安定を求めるのが自然な流れではあるのです。しかし、あえて、その安定に安住せず、常に危険に対する感度を磨き、危険予知能力を鍛えましょう。

■120社1000人以上が受講!!

1.研修      
  経験と勘だけのレビューから脱却する!レビューを体系的に学び、成果につなげる!          
  『【リスク指向】超ドキュメントレビュー実践法』
  ※実務ですぐに使えるチェックリストを使用した演習付き!
  
  危険予知能力を高め、リスクを見つける!
  『100の失敗事例に学ぶ!企業システム戦略の危険予知訓練』
  ※すぐに実践で役立つ100の失敗事例による危険予知訓練の演習付き!

■便利な道具箱

自動でしゃべるパワーポイント(VBAマクロ)
 ノート欄のテキストを音声合成エンジンが読み上げ、画面も自動で切り替わるVBAマクロ!
音声を録音するよりとっても楽です。失敗して録音をやり直す手間もなく、部分的な変更も楽々です。

簡易日程計算(Excel/VBA)
 製品構成展開されたツリーデータを使用して、製品を期日までに組立完成させるために必要な日程を計算するExcel/VBA!

簡易原価積上げ計算(Excel/VBA)
 製品構成展開されたツリーデータを使用して、製品を構成する部材の原価を積上げ、製品原価を計算するExcel/VBA!

簡易所要量計算(Excel/VBA)
 製品構成展開されたツリーデータを使用して、製品を組み立てるために必要な部品の個数を
 計算するExcel/VBA! 

■間違いだらけのシステム構築(無料冊子ダウンロード)
 ~企業システムの強化書~
 https://www.kigyo-systems.com/books/book.html

メルマガ読者登録・配信中止



コメント

タイトルとURLをコピーしました