2022-10

DX

必携!変革を行う法則

いまや企業の変革は待ったなし、変わらずして生き残る道はないだろう。規模を問わず様々な業種業態でDXへの取り組みが進んでいる。しかし、その取り組みの姿は実に様々だ。とりわき人材育成に力を入れる企業も少なくない。組織を変革する人材は求道者のごとく厳しいものだ。そこには先人の知恵、法則がある。
五輪書

道(ビジョンや戦略)を追求するときの心構え

道を追求するときの心構えを宮本武蔵は「五輪書 地之巻 道を行う法則」に記しています。広い視野にたって真実を見極め、この法を学べば、一人でも二十、三十人でも負けない。鍛錬を重ねれば、心身共に勝り負けるわけがないと。そして、これは集団でも同じである。
DX

DXどっちが先?強みと弱み

DXにいざ自社で取り組もうとしたときSWOT分析で自社の強み弱みを把握する。そして、孫子によれば「弱み」から手掛けるべき。負けないためには無防備を固める必要がある。どんなに素晴らしい新製品や新サービスも内部統制に無防備なところがあると「信頼」を失ってしまう。
五輪書

リスキリングを血肉とし結果をだすための取り組み姿勢

企業システムの開発や運用には様々なスキルが必要です。DXでは全社員をデジタル人材にするためにリスキリングを経営施策としている企業もあります。しかし、付け刃のようなスキルでは生兵法は大けがの元。学んだスキルを血肉とし、結果をだすための取り組み姿勢とはどのようなものかわかりますか?その答えを、宮本武蔵は「五輪書 水之巻 後書き」に記しています。
五輪書

突然、重大トラブルなどが起きた時の心構えは?

企業システムの開発や運用にはトラブルがつきもの。もしも突然、重大トラブルなどが起きた時、落ち着いて対処できますか?慌てふためいてパニックを起こしたりすると二次災害を引き起こしかねません。そんな時の心構えを宮本武蔵は「五輪書 水之巻 心持の事」に記しています。
孫子

DXはいったいどこから手を付けたらいいのか?

IT投資やDX、次々と出てくる施策。世の中の動きに乗り遅れたり、他社に後れを取りたくはありませんね?かといって無駄な投資はしたくないのでは?では、いったいどこから手を付けたらいいのでしょうか?孫子は言う、無防備なところを攻め、不意を突くのが勝つ道だと。
タイトルとURLをコピーしました