孫子

孫子

リーダーが違う方向に突っ走る時はどうする?

経営者やプロジェクトオーナーの大義名分と違う方向にプロジェクトリーダーが突っ走る時はどうするか。孫子はそのリーダーを追放せよと言います。しかし、本当に考え方があっていないのか、それともコミュニケーション不足で相互理解が不十分なのか。そこをしっかりと見極めなずに安易にリーダーを追放しても問題解決にはなりません。
孫子

計画が成功するか評価すべき7項目

プロジェクトの計画を検討・立案した後、この計画が成功するかどうか心配ですよね。孫子は、戦いに臨む時は、道・天・地・将・法についてしっかり検討しなさいと言いました。そして、勝てるかどうかは、次の7項目「主は孰れか道ある~」を評価しなさいと言います。
孫子

要員は我が子のように良く面倒を視なさい!

部下やプロジェクト要員とどのように接するべきでしょうか。孫子は、我が子のように良く面倒を視なさい、しかし、溺愛はダメだと言います。組織運営において信頼関係を築くことは大切で、しかも、それは組織として統制が取れていること。どのような困難にも立ち向かい、命運を共にできるような信頼関係がありながら、きちんと指揮命令ができている状態。
孫子

成功を収めるのは、リーダーに先見の明があるからこそ!

大規模なチームを組んで、長期的プロジェクトを立ち上げれば、要員費用、管理費用など、1日でもかなりの出費になり、会社の内外で大騒動が起き、現場では実務に手のつかない人が沢山出ます。孫子は、それでも成功を収めるのは、リーダーに先見の明があるからこそと言う。先見の明とは、鬼神でもなく、事象や経験でもない。必ず人為的な情報収集による状況把握によるものであると。
孫子

すぐれたリーダに必要な5つの条件

プロジェクトの成功の鍵を握る、ひとつの大きな要因はリーダです。すぐれたリーダがいれば成功の確率はぐっと高まります。そのすぐれたリーダに必要な条件、あるいは資質が5つあります。孫子は始計篇で、将軍は智、信、仁、勇、厳の5つの条件を兼ね備えた者でなければならないと言う。
孫子

プロジェクトが失敗するときのアンチ・パターン6つ

プロジェクトが失敗する時、そこには要員に関するアンチ・パターン6つがあります。孫子は地形篇で、兵には、逃げ出すもの、気の弛むもの、落ち込むもの、崩れるもの、乱れるもの、敗北するものの6つがあり、凡そこの6つは天災ではなく、将の過ちであるという。プロジェクトの成功にとってリーダの重要な任務である、要員の多様性を見極め、特性を生かして適材適所を図る「要員管理」ができるようになります。
孫子

プロジェクトを成功させたければ最初に知るべき1つの情報

プロジェクトを成功させたければ、最初に知るべき1つの情報があります。孫子は用間篇で、目的・目標とする所において、必らず先ず「人」に関する情報収集を行い知るべきと言います。つまり、利害関係者をしっかりと把握する必要があります。特に「キーマン」に関する情報収集は重要です。
孫子

プロジェクトの体制で重要な2つのこと

プロジェクトの体制で重要な2つのこと。孫子は、将と法についてよく考えよと言う。将とは将軍、すなわちリーダーのこと。法とは組織統制、ガバナンスのこと。リーダーが有能であるかどうか、組織統制がしっかりしているかどうか、この2つのことは勝敗を決する重要な要素である。いずれも急には手に入れることができないもの、日ごろからリーダーの発掘と育成、組織統制の整備に努めなければならない。
孫子

プロジェクトをいつ立ち上げるべきか

プロジェクトをいつ立ち上げるべきか。孫子は、天と地について良く考えよと言います。天は天の時、タイミング。地は地の利、ポジショニング。これらの優劣を比較し、勝てる見込みがあるか否かを慎重に見極めよと。そのためには日ごろから情報収集と分析に努めること、実情を探索すること。勝てると見たらタイミング、ポジショニングを逃さず、一気に動くこと。
兵法

プロジェクトの立ち上げで考えるべき5つのこと

プロジェクトを立ち上げるときには、どのようなことを考えるべきか。 孫子は始計篇で5つのこと「道・天・地・将・法」を考えよと言います。道は道理、大義名分。天は天の時、タイミング。地は地の利、ポジショニング。将は将軍、リーダ。法は組織管理、統制。
タイトルとURLをコピーしました