孫子

孫子

成果を出すことが重要で、長期化に価値はない

プロジェクトの作戦行動において重要なのは成果を出すことです。だからと言って、そのために長期化することに価値はありません。時間を掛ければより大きな成果が得られるということはありません。むしろ初期の目的や目標を忘れて手段や道具に拘るようになります。そのための作戦としてアジャイルが有効とされています。
孫子

遠方からの補給でコスト悪化、賢いマネジャーはできるだけ現地調達する

遠くで戦っているチームに、効率よく補給できるかどうかが勝敗の分かれ目になることも。孫子は遠くに物資を補給するのは、補給する側に負担を強いることになり、財政が貧するという。優れたリーダは、できるだけ敵地(現地)で物資を調達します。
孫子

解決策はメリットとデメリットの両方を知ること!

経営課題を解決するための解決策(ソリューション)にはメリットばかりではなく、デメリットもあることを知っておく必要があります。機能面でのメリットやデメリットはもちろん、利害関係者(ステークホルダー)のこともよく知る必要があります。それを怠ると真の成功は得られません。
孫子

勝算があるなら素早く動くこと!

DXではアジャイルによる取り組みが推奨されています。アジャイルとは、俊敏にPDCAサイクルを回すという趣旨です。計画の精度を上げるために時間を費やすより、まずは動いてみてその結果を評価しフィードバックして、また考えるというスタイルがうまくいく可能性が高いと言われています。
孫子

勝算があるなら勝てる!しかし、少ないと危険、無いのは論外

プロジェクトの立ち上げにあたって、うまくいくかどうか誰しも不安はあります。ただ、漠然とした不安を抱えているだけでは一歩を踏み出せません。かといって、闇雲に突進するのも無謀です。孫子は、勝算があるなら勝てる、勝算が少なければ勝てない、ましてや勝算が無ければ話にならないと言う。
孫子

DXはいったいどこから手を付けたらいいのか?

IT投資やDX、次々と出てくる施策。世の中の動きに乗り遅れたり、他社に後れを取りたくはありませんね?かといって無駄な投資はしたくないのでは?では、いったいどこから手を付けたらいいのでしょうか?孫子は言う、無防備なところを攻め、不意を突くのが勝つ道だと。
兵法

製造DXで現場をその気にさせるには?

製造DXで現場をその気にさせるには?孫子は、戦いは、所詮、騙しあいであるという。あらゆる点において、その反対のように見せかけ、相手の裏をかき、不安定な状況に陥れるのだと。問題解決に難航した時は、正面突破だけを強行せずに正反対の対策を考えてみるなどの柔軟な発想が功を奏するものです。
孫子

リーダーが違う方向に突っ走る時はどうする?

経営者やプロジェクトオーナーの大義名分と違う方向にプロジェクトリーダーが突っ走る時はどうするか。孫子はそのリーダーを追放せよと言います。しかし、本当に考え方があっていないのか、それともコミュニケーション不足で相互理解が不十分なのか。そこをしっかりと見極めなずに安易にリーダーを追放しても問題解決にはなりません。
孫子

計画が成功するか評価すべき7項目

プロジェクトの計画を検討・立案した後、この計画が成功するかどうか心配ですよね。孫子は、戦いに臨む時は、道・天・地・将・法についてしっかり検討しなさいと言いました。そして、勝てるかどうかは、次の7項目「主は孰れか道ある~」を評価しなさいと言います。
孫子

要員は我が子のように良く面倒を視なさい!

部下やプロジェクト要員とどのように接するべきでしょうか。孫子は、我が子のように良く面倒を視なさい、しかし、溺愛はダメだと言います。組織運営において信頼関係を築くことは大切で、しかも、それは組織として統制が取れていること。どのような困難にも立ち向かい、命運を共にできるような信頼関係がありながら、きちんと指揮命令ができている状態。
タイトルとURLをコピーしました