三十六計

三十六計

価値を失ったものを蘇生し、新たな価値を与える作戦

よく道具も人も使い方しだいと言われます。古いシステムなど価値を失ったものを蘇生し、新たな価値を与えることができれば、より少ないリソースで大きなリターンを得ることができます。そのためには、どの部分に新たな価値を与えることができるか、どうしたら新たな価値を与えることができるかを工夫する必要があります。
三十六計

利害関係者の真意を探って、潜在的要求を引き出す作戦

多くの利害関係者が関与するシステム開発では、なかなか真の要求を把握することが難しいことがあります。個々には真の要求であっても、利害関係者間で要求に矛盾があったり衝突があったりします。そのような時には、利害関係者の真意を探って、潜在的要求を引き出す必要があります。
三十六計

コツコツと小利を積み重ねて、大利を得る作戦

スピード重視の時代、システムを大きく一気に変えてしまいたいという気持ちもわかります。しかし、それには大きなリスクも伴います。あせらず、小さな変化を起こしコツコツと小利を積み重ねながら、最終的に大きくシステムを変えて大利を得る作戦。
三十六計

あえて部分を犠牲にし、全体の利を得る作戦

システムには、必ず、 損失(陰)の部分と益(陽)の部分や弱い部分と強い部分があります。損失を出さないようにと四苦八苦した結果、全体の益を失う恐れがあります。そのような場合、あえて損失(陰)の部分を犠牲(捨て駒)にして全体の益を確保するという作戦。
三十六計

厳しいことを言う時こそ、笑顔を見せる作戦

抜本的なプロセス改革や組織改革を伴うシステム開発では、ステークホルダー(利害関係者)に厳しいことを言わなければならないこともあります。そのような時こそ、笑顔を見せて安心させましょうというステークホルダーマネジメント、コミュニケーション管理などにおける作戦。
三十六計

組織内に争いがある場合は、静観して待つ作戦

組織改革やシステム変更では、必ずと言っていいほど衝突が起きます。ステークホルダー(利害関係者)が多ければ多いほど、利害の衝突も起きやすく調整に難航します。そのような時には、あえて動かずに静観して自然に鎮静するのを待つのもステークホルダーマネジメントにおける作戦のひとつです。
三十六計

奇襲を成功させるために、偽装工作を大々的に行う作成

奇襲作戦を成功させるためには、攻撃の意図を相手に気づかれないことが重要です。ですから、攻撃とはまったく関係の無いことを大々的に行うのです。まさか、そんなことが裏で進んでいるとは!と思わせるような、関係の無いことを大々的に展開して奇襲を成功させる作戦です。
三十六計

大きな変革の前に、まず小さな変化を繰り返す作戦

大きな変革をしようと思ったら、まず、小さな変化を繰返し起こすこと。そして、小さな変化に慣れてきたところで大きな変革に挑むこと。小さな変化を繰返し経験することで、大きな変革に対する抵抗が少なくなり受け入れやすくなるものです。
三十六計

本心とは逆の行動をとって混乱させる作戦

いきなり本丸に攻め込んでもなかなかうまくいかないことが多いものです。そのような時は、一旦、本心(真の狙い)とは逆の行動をとって相手の関心をそちらに引き付けておいてから本丸に攻め込むという作戦です。 いわゆるフェイントですね。
三十六計

混乱に乗じて、ささっと利を得てしまう作戦

事件や事故、利害衝突など混乱が生じるとどうしてもそちらに気が撮られて油断してしまいます。そのスキに乗じてささっと利を得てしまおうという作戦です。あるいは、意図的に混乱を引き起こして注意を向け、そのスキを突くという作戦です。
タイトルとURLをコピーしました