五輪書

五輪書

道を究めるために大事な5つのこと

宮本武蔵は兵法の道を究めるために大事なことを5巻(地の巻、水の巻、火の巻、風の巻、空の巻)にまとめた「五輪書」を著しました。三百年以上も前に書かれた兵法に関する本ですが、道を究めるために大事なこととして普遍的なところがあり、経営や人生の指南書として愛読されています。もちろん、企業システム戦略を究めるにも役立ちます。
五輪書

良い仕事、良いシステムを確保するための心得を大工に例えてみると

良い仕事、良いシステム、業務品質を確保するには、どのようなことを心得ておけばよいでしょう。それを大工さんの仕事に例えて著したのがこの節です。武蔵は、最後に帳尻合わせだけするような仕事のやり方ではなく、本質的にまっすぐであることインターフェースをしっかりとることを心得ると良いと言います。
五輪書

よく切れる道具を持ち、ひまをみてこれを砥ぐこと

その道のプロは、よく切れる道具を持ち、ひまをみてこれを砥いています。そして、道具を巧みに使いこなして様々なものを創り出します。システムにおいても同様、よく切れる道具(デジタルやIT)を持ち、保守整備(メンテナンス)をしっかり行い、使いこなしてこそ成果につながります。
五輪書

プロジェクトマネジャーが要員管理で心がけるべきことを大工の統領に例えると

プロジェクトマネジャーが要員管理で心がけるべきことを大工の統領に例えると、生産性の高いチームを作れるには個々人の力量を知り、仕事内容に応じて使い分けること。そしてチームに良い仕事をしてもらうには、何事も気をゆるめず大切なところを知ること、個々人の気力を見きわめチームに勢いをつけるということ、そして無理を心得ることが大切である。
五輪書

適材適所にシステムを組み合わせるには

ひとつのシステムだけで企業システムを構成することはできません。世の中にある様々なシステムや自社で開発したシステムを適材適所に組み合わせて企業システムを構成するには、それぞれのシステムの特徴を押さえて、その特徴に応じた役割を配分することが重要です。
五輪書

ガバナンスは誰のためのものか、なぜ必要なのか

組織を統治するためのガバナンスは誰のためもの?経営者?宮本武蔵は五輪書の中で「兵法といふ事、武家の法なり。将たるものは、とりわき此法をおこなひ、卒たるものも、此道を知るべき事成。」と説いています。つまり、組織に属する全てのひとのものであると。
五輪書

変化に適応しやすいアーキテクチャ

VUCAの時代、変化に適応できなければ生き残ることが難しくなっています。では、変化に適応しやすいアーキテクチャとはどのように考えればよいでしょうか。剣豪「宮本武蔵」は五輪書の中で、有構無構(構えがあって、構えがない)という考え方を説いています。
五輪書

道(ビジョンや戦略)を追求するときの心構え

道を追求するときの心構えを宮本武蔵は「五輪書 地之巻 道を行う法則」に記しています。広い視野にたって真実を見極め、この法を学べば、一人でも二十、三十人でも負けない。鍛錬を重ねれば、心身共に勝り負けるわけがないと。そして、これは集団でも同じである。
五輪書

リスキリングを血肉とし結果をだすための取り組み姿勢

企業システムの開発や運用には様々なスキルが必要です。DXでは全社員をデジタル人材にするためにリスキリングを経営施策としている企業もあります。しかし、付け刃のようなスキルでは生兵法は大けがの元。学んだスキルを血肉とし、結果をだすための取り組み姿勢とはどのようなものかわかりますか?その答えを、宮本武蔵は「五輪書 水之巻 後書き」に記しています。
五輪書

突然、重大トラブルなどが起きた時の心構えは?

企業システムの開発や運用にはトラブルがつきもの。もしも突然、重大トラブルなどが起きた時、落ち着いて対処できますか?慌てふためいてパニックを起こしたりすると二次災害を引き起こしかねません。そんな時の心構えを宮本武蔵は「五輪書 水之巻 心持の事」に記しています。
タイトルとURLをコピーしました