DX

情報伝達にこそDXを!

情報伝達の媒体や道具はアナログからデジタルへと高度化しているが、情報伝達そのものが高度化し、伝達ミスや認識齟齬が減っているかというと必ずしもそうではない。大組織を小組織のようにアジャイルに動かすためには、情報伝達にこそDXが必要だ!
DX

全社システムの短期導入は専任体制で!

全社システムの短期導入では総力結集して即断即決して行く必要があるため、専任体制とする必要がある。各部門から意思決定権者が専任でプロジェクトに参加して、さまざまな課題解決策や要件定義を短期間に意思決定していかなければならない。日常業務との兼任では意思決定や行動が遅くなってしまう。
DX

シンDX人材育成は社内交換留学で!

「シン」のDX人材を社内で育成(熟成)したいものだ。一つの解として「社内交換留学」はどうだろう。DXに必要なスキルは端的に「デジタル技術スキルx業務変革スキル」。業務部門とシステム部門から相互に留学生を出して、各々がデジタル技術スキルと業務変革スキルを教育する。
五輪書

余裕をもって戦うには、優位なポジションを確保すること

余裕を持って戦うには、優位なポジションを抑えることが重要。何を背にして立つか、スペースはどのように確保するか、高い所はどこかなど。また、相手を不利なポジションに追い込むようにして、ポジショニングについて良否を考える余裕を与えないように攻め込むこと。
DX

俊敏なシステムに構造を最適化せよ!

小さなシステムを俊敏に動かすことはそれほど難しくはないが、大きなシステムを小さなシステムと同様に俊敏に動かすのは容易ではない。そこで大きなシステムを俊敏に動かすためには、情報伝達が素早く確実に行えるようにして、その情報に即応して動けるように構造を最適化する必要がある。
五輪書

企業システム戦略、実戦の極意は組織規模の大小を問わず!

火は大きくなったり小さくなったり、きわだった勢いを持っているので、それになぞらえて戦いのことを書く。戦いの道は個人も集団も同じ。ただし、大きなところは見えやすく、小さいところは見えにくい。大人数でやることは、ただちに戦術を転換できない。
プロジェクト管理

製品やベンダの選定では、縁を味方につける!

システムの世界にも縁がある。製品やベンダの選定では、縁を味方につけることが重要だ!それには予兆や変化に敏感になり、動きがあれば柔軟に対応していくこと。そうすれば良い製品やベンダに絶妙のタイミングで巡り合える。
RPA

RPAで業務パッケージを爆速で拡張せよ!

業務パッケージの標準機能では作業効率が悪かったりする場合がある。しかし、機能をカスタマイズしたり、アドオンするなどの拡張は時間もお金もかかる。そこで、RPAを活用することで爆速で機能を拡張できる場合がある。カスタマイズやアドオンする前に一度、検討してみる価値はあるだろう。
孫子

形(体制やアーキテクチャ)を極めれば、無形(形にはまらないこと)に至る

どのような形(体制やアーキテクチャ)が良いかを日々考えて試行錯誤した結果、最終的に極めてしまえば無形、すなわち「形にはまらないこと」ということになる。どんなに理想的な形であっても、その形にはまらず適時、柔軟に形を変えて対応することが重要である。
DX

業務変革に対する業務部門の熱量が成否を握る!

DXの成否は業務変革に対する業務部門の熱量による。本業が忙しくて業務改善する時間がないなどと言うことがまかり通っていては、リスキリングでデジタル技術を習得しても業務変革は起こらないだろう。まずは業務変革に対する熱量を高めるために組織文化や社内制度などの下地固めをすることだ。