スポンサーリンク

すぐれたリーダに必要な5つの条件

孫子

プロジェクトの成功の鍵を握る、ひとつの大きな要因はリーダです。すぐれたリーダがいれば成功の確率はぐっと高まります。そのすぐれたリーダに必要な条件、あるいは資質が5つあります。

孫子は始計篇で、将軍は智、信、仁、勇、厳5つの条件を兼ね備えた者でなければならないと言う。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
孫子の兵法 始計篇 その5 将とは、智・信・仁・勇・厳なり
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

将とは、智・信・仁・勇・厳なり

 将軍は、智、信、仁、勇、厳の5つの条件を兼ね備えた者でなければならない。

孫子は、戦いの前に戦況を見極めるための重要な要素の一つとして、”将”、将軍、リーダを挙げました。ここでは、もう一歩踏み込んで、どんなリーダが優れているかを具体的に示したものです。それが、智、信、仁、勇、厳の5つです。

智は、知力

 単なる知識人というだけでなく、先見の明、洞察力、判断力など高次元の情報処理能力をも意味します。勝つためには、勝てるような状況を見極めよというのが孫子です。

信は、信頼

 兵や配下の信頼を勝ち得ていないリーダは可哀想なものです。
時に裸の王様になってしまったりします。誰もそのようなリーダにはついていきませんから、組織を統制して、機動力を発揮することなどできません。

仁は、仁徳

 人に対する思いやりや優しさです。
 強くなければ生きていけない、優しくなければ生きていく資格がない。
 暖かみのあるリーダでなければ、人はついていかないですね。特に失敗したり苦しんだりしている時に、配下を思いやる心です。

勇は、勇気

 いざという時に、自ら馬を駆り、弓を取って、先陣を切るような勇気
 これがなければ、組織の信頼を得られないものです。また、面子やプライドに拘らず、引く時は引く、留まる時は留まる、そういった勇気も必要です。

 知力を用いて、勝算が無いと分かったら時期を見合わせる勇気。それを、蛮勇だけで突き進んでは、大切なものを失うだけです。自らリスクを取れる胆力と言っても良いでしょう。配下がすっかりお膳立てをしてリスクを取り除かなければ、決断ができないようなリーダでは、心もとないです。

厳は、威厳

 時に優しく、時に厳しく威厳を保たなければ、信頼も得られません。
 ただ優しいだけで、舐められているようではリーダの資質無しです。本当のチームワークや和というものは、馴れ合いの中には生まれません。厳しい中に思いやりがあってこそ。

 仲良しクラブでは、いざという時に統率がとれません。

 このように、リーダ、リーダ・シップが如何に大切かは、古今東西、このテーマの文献や伝説など枚挙にいとまがありません。また、多くの企業でもリーダ・シップ研修等を実施しています。

 さて、あなたの所属する組織のリーダは、智、信、仁、勇、厳を備えていますか?
 智、信、仁、勇、厳を兼ね備えたリーダになれますか。

 リーダと資質のミスマッチ、マッチが、組織の状況に影響を与えることが良く分かりますね。それぞれの組織のリーダを良く観察して、智、信、仁、勇、厳 をみてみましょう。経営戦略、業務改革、情報戦略などなど、上手く行くかどうかを占うには、その組織のリーダをみてみるとよいのではないでしょうか。

それで、もしリーダが智、信、仁、勇、厳を備えていなかったらどうするか。

難しい問題ですね。リーダを代えるか、リーダを教育するか。。。
そのどちでもないケースの組織が、アメーバ型組織でしょうか?中枢神経機能のないシステム。指揮者のいないオーケストラ。これは、もう少し研究が必要なテーマです。

■120社1000人以上が受講!!

1.研修      
  経験と勘だけのレビューから脱却する!レビューを体系的に学び、成果につなげる!          
  『【リスク指向】超ドキュメントレビュー実践法』
  ※実務ですぐに使えるチェックリストを使用した演習付き!
  
  危険予知能力を高め、リスクを見つける!
  『100の失敗事例に学ぶ!企業システム戦略の危険予知訓練』
  ※すぐに実践で役立つ100の失敗事例による危険予知訓練の演習付き!

■便利な道具箱

自動でしゃべるパワーポイント(VBAマクロ)
 ノート欄のテキストを音声合成エンジンが読み上げ、画面も自動で切り替わるVBAマクロ!
音声を録音するよりとっても楽です。失敗して録音をやり直す手間もなく、部分的な変更も楽々です。

簡易日程計算(Excel/VBA)
 製品構成展開されたツリーデータを使用して、製品を期日までに組立完成させるために必要な日程を計算するExcel/VBA!

簡易原価積上げ計算(Excel/VBA)
 製品構成展開されたツリーデータを使用して、製品を構成する部材の原価を積上げ、製品原価を計算するExcel/VBA!

簡易所要量計算(Excel/VBA)
 製品構成展開されたツリーデータを使用して、製品を組み立てるために必要な部品の個数を
 計算するExcel/VBA! 

■間違いだらけのシステム構築(無料冊子ダウンロード)
 ~企業システムの強化書~
 https://www.kigyo-systems.com/books/book.html

メルマガ読者登録・配信中止



コメント

タイトルとURLをコピーしました