状況に応じて一旦は縮小後退して、後に勢力を拡大する

三十六計

美味しい水をお探しですか?
定額制だからお水は使い放題!全て“月額料金”にコミコミ!
利用料金は業界最安値!

PR広告!おいしい水を水道水から【Locca】


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●企業システム戦略 兵法三十六計 併戦の計 第三十計 反客為主
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

反客為主(はんかくいしゅ)「客を返して主(あるじ)と為す」

敵にいったん従属あるいはその臣下となり内から乗っ取りをかける計略

時間をかけて行うべきものとされる。

相手に隙があればそれに乗じて重要な部分を押さえてしまうべし。ただし、順序を間違えず一歩一歩確実に制圧する必要がある。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

負けるが勝ち”、”損して得取れ”など、日本にも、似たような諺があります。

特に、劣勢であったり、力が均衡しているとき、無理に勝とうとするよりは、一旦、負けておき、反撃するほうが得策です。



リーマンショックで、在庫が積みあがってしまったとき、生産能力を速やかに縮小できたところは、こ立ち上がりも早かったように思います。


戦況(市況)を読んで、進退を素早く柔軟に意思決定できる組織・システムは強力です。



その点で、後補充(Pull)型のプロセスは、ブレーキの反応が良く、すぐ止まるシステムだと言えましょう。


一方、コンピュータを使った計画主導型のプロセスは、ノイズの少ない安定した状況では威力を発揮します。

しかし、現代のように、ノイズが多く、何が起こるかわからないVUCAな状況では、非力です。

ノイズに対してブレーキの利きが悪いので、あっというまに在庫が積みあがってしまいます。


ところが、後補充(Pull)型のプロセスの前提には、ある程度の平準化が必要です。その平準化に対して、微調整の範囲で有効に機能します。

この微調整を超えるようなノイズには、これまた非力です。

例えて言えば、ハンドルの切れが良すぎて、かえって、蛇行してしまうようなもの。


この計画主導型後補充型の隙間を埋めるシステムが、バッファー管理システムで、TOCと言われるものです。

ザ・ゴールという小説を通じて、日本紹介されました。読まれた人も多いと思います。


バッファーとは、ちょうどハンドルの”遊び” のようなものです。


戦況(ノイズ)に応じて、勢力を縮小する時に、縮小しすぎないようにバッファーで吸収し、(ハンドルを切りすぎないよう、遊びで吸収)

次の反撃(逆ハンドル)までのタイムラグと操舵角(作戦行動)を最小に止めるのです。


ここで、バッファーをどれくらいもつか、という調整がキモになってきます。

多すぎれば死に在庫や仕掛が増え、少なすぎれば欠品です。

人間の経験と勘だけでは難しくなってきます。


コンピュータ・ソフトウェアの世界で、このような調整を行うのに使われているのが ”ファジー理論”といい、エアコンの制御などに使われているものです。


冷えすぎた時に、一旦、パワーを落とし、温度が上昇したら、また、パワーをあげる。

これを、デジタルに25度という設定温度だけで制御すると、25度前後において、頻繁にオン/オフが発生したり、体感温度とのズレが生じたりします。

これを、ある幅を持たせてスムーズに制御するものです。


このような考え方を、バッファー調整に応用すれば、スムーズに調整を行うことができるはずです。



反客為主の作戦では、あくまで反撃するために、一旦、負けるのであって、反撃できないほど、負けすぎないようにしなければなりません。

生産能力を縮小し過ぎて、設備も人も削りすぎては、反撃に転ずるタイミングを逸してしまいます

ここを、うまくバッファー調整で、ギリギリのところで凌げば、作戦成功です。


このような難しい需要予測に基づく意思決定を経験と勘だけに頼らず、コンピュータを使ったAIに学習させ支援させようというのが、”スマート”システムです。



話の分かる優秀なコンサルタントをお探しですか?

PR広告!一流コンサルタントに3.85万(税込み)〜WEB相談できる!【コンパスシェア】


DXに強いシステム開発会社をお探しですか?

PR広告!システム開発業者を完全無料でご紹介します!【EMEAO!】




PR広告!おいしい水を水道水から【Locca】



PR広告!会社や上司へ連絡不要!【退職代行ガーディアン】



■120社1000人以上が受講!!

1.研修・オンライン講座      
  経験と勘だけのレビューから脱却する!レビューを体系的に学び、成果につなげる!          
  『【リスク指向】超ドキュメントレビュー実践法』
  ※実務ですぐに使えるチェックリストを使用した演習付き!
  
  危険予知能力を高め、リスクを見つける!
  『100の失敗事例に学ぶ!企業システム戦略の危険予知訓練』
  ※すぐに実践で役立つ100の失敗事例による危険予知訓練の演習付き!

■便利な道具箱

自動でしゃべるパワーポイント(VBAマクロ)
 ノート欄のテキストを音声合成エンジンが読み上げ、画面も自動で切り替わるVBAマクロ!
音声を録音するよりとっても楽です。失敗して録音をやり直す手間もなく、部分的な変更も楽々です。

簡易日程計算(Excel/VBA)
 製品構成展開されたツリーデータを使用して、製品を期日までに組立完成させるために必要な日程を計算するExcel/VBA!

簡易原価積上げ計算(Excel/VBA)
 製品構成展開されたツリーデータを使用して、製品を構成する部材の原価を積上げ、製品原価を計算するExcel/VBA!

簡易所要量計算(Excel/VBA)
 製品構成展開されたツリーデータを使用して、製品を組み立てるために必要な部品の個数を
 計算するExcel/VBA! 

■間違いだらけのシステム構築(無料冊子ダウンロード)
 ~企業システムの強化書~
 https://www.kigyo-systems.com/books/book.html

PR広告!TechAcademy [テックアカデミー]
PR広告!システム開発業者を完全無料でご紹介します!【EMEAO!】

メルマガ読者登録・配信中止



コメント

タイトルとURLをコピーしました