スポンサーリンク

現場にいる?優れたDXリーダ!

DX


 全社員一丸となってDXに取り組むとか、
 全社員をDX人材に教育するとか、

 そのような記事を目にします。


 デジタルを活用した変革は、

 IT部門が業務部門の依頼を受けて
 システム開発するのではなく、

 業務部門自らが日々、取り組まなければ
 という趣旨は良く分かります。 


 成功している企業の記事では、
 業務部門の現場に優れたDXリーダの存在があります。

 DX推進チームだけが旗を振っても、
 現場優れたDXリーダがいないと

 笛吹けど踊らず

 なかなか現場は動いてくれません。


 そうした中、
 現場優れたDXリーダがいれば


 まず、彼らがDX人材となり、
 そしてそれぞれの現場を引っ張っていってくれます。


 実務に詳しいのは当然として
 新しいデジタル技術にも積極的に取り組み

 そして、DXを実践して成功事例を創出。


 それを自分だけのものにするのでなく、
 それぞれの現場で、伝道師となり

 自らの経験知を共有し、後進を育てていく


 現場の皆からも信頼があり、心暖かく、自ら動く勇気、引く勇気があり、

 時に厳しくもある優れたDXリーダ


 概して、優れたDXリーダは、日常的に忙しいもの。

 DXに取り組む時間を捻出するために時間管理にも長けていないとダメです。


 実務に詳しくリーダ的存在のあの人
 いつも忙しく、DXに取り組む時間がない

 だから、うちの部署はなかなかDXが進まない

 そんな声もよく聞きます。


 あなたの現場にはいますか?

 優れたDXリーダ

 自然発生的にいればラッキー!
 いなければ、経営課題として育成しないと

 業務部門主体の全社DXは、ちょっと難しいかもしれませんね。


 *********************************************
 すぐれたリーダに必要な5つの条件

 孫子の兵法 始計篇 その5 
 将とは、智・信・仁・勇・厳なり
 *********************************************

■120社1000人以上が受講!!

 経験と勘に頼ったレビューからの脱却!
 レビューを体系的に学び、成果につなげる!

研修『【リスク指向】超ドキュメントレビュー実践法』
実務ですぐに使えるチェックリストを使用した演習付き!

■便利な道具箱

自動でしゃべるパワーポイント(VBAマクロ)
 ノート欄のテキストを音声合成エンジンが読み上げ、画面も自動で切り替わるVBAマクロ!
音声を録音するよりとっても楽です。失敗して録音をやり直す手間もなく、部分的な変更も楽々です。

簡易日程計算(Excel/VBA)
 製品構成展開されたツリーデータを使用して、製品を期日までに組立完成させるために必要な日程を計算するExcel/VBA!

簡易原価積上げ計算(Excel/VBA)
 製品構成展開されたツリーデータを使用して、製品を構成する部材の原価を積上げ、製品原価を計算するExcel/VBA!

簡易所要量計算(Excel/VBA)
 製品構成展開されたツリーデータを使用して、製品を組み立てるために必要な部品の個数を
 計算するExcel/VBA! 

■間違いだらけのシステム構築(無料冊子ダウンロード)
 ~企業システムの強化書~
 https://www.kigyo-systems.com/books/book.html

メルマガ読者登録・配信中止



コメント

タイトルとURLをコピーしました