雑記帳

プロジェクト管理

システム開発で第二ステップという考え方

システム開発の稼働開始予定が決まっていて遅れが許されないにもかかわらず、開発規模が膨れ上がって稼働開始予定までに完了しないというような状況では、第二ステップという考え方がある。システムの機能を「必須」と「必須ではないもの」に仕分けして、後者を第二ステップとして追加開発することを考える。
ソフトウェア

◆アジャイルなウォーターフォールのすすめーアジャイルに向けて

現在、ASDの適用率も10%以下である。いずれも成功事例として注目を集めているものの、実際に適用するとなると様々な障壁に直面する。また、新しい方式が全ての環境下で、全ての問題を解決できるわけではない。実際にやってみなければわからないことも沢山ある。それでも改善への一歩を踏みださなければ、明日はない。“障子を開けてみよ、外は広いぞ”(豊田佐吉)
ソフトウェア

◆アジャイルなウォーターフォールのすすめーウォーターフォールからアジャイルへ

WFDを採用してきた組織がASDに安全に移行するには、WFDの枠組みを基にASDのプラクティスを段階的に取り入れることである。過去の財産を全て捨てる必要は無く、意識改革と温故知新や永続的な改善でWFDの上にASDを積み上げることは可能であり、そうすることがより安全にASDに移行することを可能とする。つまり、「アジャイルなウォーターフォール」への斬新的・継続的な改善である。
ソフトウェア

◆アジャイルなウォーターフォールのすすめーはじめに

従来のWFDの課題を解決するとして、ASDが注目されている。しかし、一方で多くのソフトウェア組織がWFDを採用しているという報告もある。また、ASDを試行したものの失敗してWFDに回帰する例もある。その結果、(特に大規模開発で)ASDに懐疑的になり、有益なプラクティスに耳も貸そうとしない。
ソフトウェア

◆アジャイルなウォーターフォールのすすめー要約と目次

アジャイル開発では、計画が不要で変更はいつでも自由に顧客が要求できるなど極端な考え方がされてしまうことがある。そのため、ウォーターフォール開発(以下、WFD)からアジャイル開発(以下、ASD)への移行を敷居の高いものやリスクの高いものと感じたり、試験的に適用して失敗したりするケースも少なくない。そこで、ウォーターフォール開発をベースとしながらアジャイル開発の要素を少しずつ取り入れ漸進的な改善に取り組むことを提言する。
レガシシステム

基幹システムの刷新で、周辺システムからテコ入れしてみる

基幹システムを刷新しようと、いきなり機能及び業務にテコ入れするのは難しい。それよりも周辺システム及び業務からテコ入れしてみるのがよい。ユーザの身近な周辺システムと業務をテコ入れして無駄や改善点が発見できれば、それとなく基幹システムの無駄や改善点にも気付いてもらえる。
DX

アジャイルでも事前に体制は整えよ!

DX推進の流れでアジャイルが脚光を浴びているが、体制がグダグダではうまくいかないだろう。アジャイルだからといって適当に人を集め、後は走りながら人を入れ替えていけばよいなどと考えるのは早計だ。アジャイルでの成功確率を高めたいなら、始める前に社内外をよく見渡して誰もが納得するような「勝てる体制」を整えるべきだ。
DX

チャンスには間髪入れずに動く!ポイントは情報伝達の仕組みつくりと人材育成

DX戦略の目的として「顧客ニーズへの迅速な対応力の向上」など、「チャンスには間髪入れずに動く」ためには、情報を瞬時に一気通貫で全社共有できる仕組みを構築すると共に、データを活用して商品やサービスに反映できるDX人材育成がポイントである。
DX

本当のキーマンを出せるかが成功のカギ

基幹システムの更新でパッケージをFitToStandardで導入するケースでは主役が業務部門になる。パッケージの標準機能を理解するところから始まり、業務とのすり合わせやGAP対策など。高い業務スキルと多大な時間が必要になる。これを任せられる「本当のキーマン」を出せるかが成功のカギとなる。
DX

DXの先進事例は目の毒かも?

経済産業省が選出するDX銘柄の先進事例は、場合によっては目の毒になる。よし我が社もやってやるぞと前人未到の戦いに挑んで失敗しては意味がない。それよりは、うまくいきそうな事例を真似ることだ。真似て成功体験を積むことが重要だ。