プロジェクト管理

プロジェクト管理

業務パッケージ導入のコンコルド効果

業務パッケージ導入でもコンコルド効果が起こりえる。導入途中で「選定を間違えた?」と思っても、それまでの投資額を無駄にしたくないために突き進んで、逆に多額の損失を被ってしまう。回避するにはクラウド型業務パッケージで最小減のライセンスを購入し試用すること。
プロジェクト管理

プロジェクト計画は、まずスコープを決める!

プロジェクトを立ち上げる時、成功するプロジェクト計画を練っていくポイントは、まずスコープを決めること。スコープが決まれば、リソースやスケジュールなどが考えやすくなる。そして、スコープ拡大のリスクに備えリソースやスケジュールに安全余裕を設けること。
プロジェクト管理

標準とレビューに基づくプロジェクト品質の安定化と向上

不確実性の時代、ソフトウェア開発プロジェクトは多くの危険にさらされている。標準をプロジェクト活動の基軸とし、チェックリストを使用した上流工程からのドキュメントレビューにより、 危険予知を組織的かつ効果的に行うことで、プロジェクト品質の安定化と向上が図られる。
プロジェクト管理

愚を装って有効な提案を引き出せ!

エンンジニアやコンサルタントの方々といっしょに仕事をする時は、彼らの知見を活かした有効な提案を引き出したいもの。それには検討の視野を狭めないよう、様々なケースを考えてもらえるように働きかけることだ。「我が社」の方針ややり方にあまりこだわらないほうが良い。
プロジェクト管理

システム開発で第二ステップという考え方

システム開発の稼働開始予定が決まっていて遅れが許されないにもかかわらず、開発規模が膨れ上がって稼働開始予定までに完了しないというような状況では、第二ステップという考え方がある。システムの機能を「必須」と「必須ではないもの」に仕分けして、後者を第二ステップとして追加開発することを考える。
プロジェクト管理

プロジェクト管理は変革であっても普段通りに歩めばいい

プロジェクト管理は決められた期限までに成果を出さなければならないと肩に力が入りやすい。そうして一足飛びに成果を狙ったり、浮足立ったり、必要以上に身を低くして構えたりしても良い結果にはつながらない。むしろ、普段通りに歩めばいい。妙案とは、そうした日常の中から生まれるものだ。
プロジェクト管理

WBSはアウトプット(成果物、目的)から考える

WBSの検討において、まずリーダがすべき重要なことは作業(手段)を考えることではなく、アウトプット(目的)をしっかりと決めること。WBSはチームを動かすための重要なツールであり地図であるから、それによりメンバーは地図を辿ることで確実に目的地までたどり着くことができる。