DX

DX

DX推進の人選におけるリーダーの心得

DX推進において経営層・管理職がリーダーシップを発揮して方針を示すことは重要です。しかし、その後、DX推進をする人選などは、現場任せにしてしまう事があります。それではDX推進に勢いをつけたり無理を知ることはできません。人選においても現場まかせにせず、リーダシップを発揮する必要があります。
DX

賢者は声なき抵抗を聞く

DXや変革などで意にそぐわない場合、声なき抵抗があります。声を出して異を唱える抵抗より、声なき抵抗への対応の方が難しものです。抵抗の原因となるデメリットについて深い洞察や思慮が無ければ、真にメリットを享受することはできません。
DX

DX推進アンケートに見る難しさ

DX推進アンケートでは、DXはかなり進展しているとはいえ、苦戦している企業が多いようです。不確実性の高いDXの推進では困難に突き当たることも多い。その時に打開策のヒントがあれば助かります。例えば、「兵法三十六計」など兵法書には、昔の先人が戦いから得た打開策のヒントがあります。
DX

DXでアジャイルが良いわけ

DXではアジャイルが良いと言われています。DXでデジタル技術やツールを選択するのは不確実性が高いもの。自社の強み弱みを分析してマッチするものを選択することが重要です。しかし、分析ばかりに時間を費やすのも得策ではありません。大義名分と勝算があるなら、あとは素早く動くこと。
DX

DXツール、何を選べば正解?

多種多少なDXツールの中から、自社に合うものを適材適所に選択・配置するにはどうすればよいのか。各ツールの特徴、強み弱みと自社の強み弱み、課題がピッタリとマッチすれば、それが末永く使える適材適所のツールとなり得る。重要なのはデジタル技術の深い知識ではなく、本質を見極める「気くばり」である。
DX

DX、変革の笛吹けど踊らず

経済産業省では、経営者が率先垂範すべき事柄を「デジタルガバナンス・コード」としてまとめています。経営者がこれを実践すればDXの変革は進むでしょうか。「笛吹けど踊らず」にならないのでしょうか。宮本武蔵は五輪書の中で、法は将がおこない、卒も知るべきことと言います。
DX

デジタルで構えを柔軟に変える

プロセスにおけるデジタル化の意義や目的は様々です。その中のひとつは、変化への柔軟な対応,、適応能力の向上にあります。プロセスをデジタル化することで変化に対応するための情報伝達にかかる時間とコストを減らし、遅れによるリスクを抑制することができます。
DX

DXが成功するか不安ですか?

世の中はDXだ、変革だとさかんに言うけど、成功するかどうかよくわからない。そこで、孫子は言う「勝算が多ければ勝てる、少なければ勝てない、ましてや勝算無きは論外である」と。しっかりと事前に情報収集し分析評価して勝算があるか無いかを見極めることが重要である。
DX

必携!変革を行う法則

いまや企業の変革は待ったなし、変わらずして生き残る道はないだろう。規模を問わず様々な業種業態でDXへの取り組みが進んでいる。しかし、その取り組みの姿は実に様々だ。とりわき人材育成に力を入れる企業も少なくない。組織を変革する人材は求道者のごとく厳しいものだ。そこには先人の知恵、法則がある。
DX

DXどっちが先?強みと弱み

DXにいざ自社で取り組もうとしたときSWOT分析で自社の強み弱みを把握する。そして、孫子によれば「弱み」から手掛けるべき。負けないためには無防備を固める必要がある。どんなに素晴らしい新製品や新サービスも内部統制に無防備なところがあると「信頼」を失ってしまう。
タイトルとURLをコピーしました