DX

DX

情報伝達にこそDXを!

情報伝達の媒体や道具はアナログからデジタルへと高度化しているが、情報伝達そのものが高度化し、伝達ミスや認識齟齬が減っているかというと必ずしもそうではない。大組織を小組織のようにアジャイルに動かすためには、情報伝達にこそDXが必要だ!
DX

全社システムの短期導入は専任体制で!

全社システムの短期導入では総力結集して即断即決して行く必要があるため、専任体制とする必要がある。各部門から意思決定権者が専任でプロジェクトに参加して、さまざまな課題解決策や要件定義を短期間に意思決定していかなければならない。日常業務との兼任では意思決定や行動が遅くなってしまう。
DX

シンDX人材育成は社内交換留学で!

「シン」のDX人材を社内で育成(熟成)したいものだ。一つの解として「社内交換留学」はどうだろう。DXに必要なスキルは端的に「デジタル技術スキルx業務変革スキル」。業務部門とシステム部門から相互に留学生を出して、各々がデジタル技術スキルと業務変革スキルを教育する。
DX

俊敏なシステムに構造を最適化せよ!

小さなシステムを俊敏に動かすことはそれほど難しくはないが、大きなシステムを小さなシステムと同様に俊敏に動かすのは容易ではない。そこで大きなシステムを俊敏に動かすためには、情報伝達が素早く確実に行えるようにして、その情報に即応して動けるように構造を最適化する必要がある。
DX

業務変革に対する業務部門の熱量が成否を握る!

DXの成否は業務変革に対する業務部門の熱量による。本業が忙しくて業務改善する時間がないなどと言うことがまかり通っていては、リスキリングでデジタル技術を習得しても業務変革は起こらないだろう。まずは業務変革に対する熱量を高めるために組織文化や社内制度などの下地固めをすることだ。
DX

システム連携は企業システム全体の大きな流れを読む!

基幹システム再構築で、周辺システムと新基幹システムとの再連携においては、企業システム全体の大きな流れを読むこと。それにより、どのデータ項目がどのように連携されているかが整理整頓され、システム連携ツールを利用することでエンタープライズサービスバスを構築することが可能となる。
DX

アジャイルでも事前に体制は整えよ!

DX推進の流れでアジャイルが脚光を浴びているが、体制がグダグダではうまくいかないだろう。アジャイルだからといって適当に人を集め、後は走りながら人を入れ替えていけばよいなどと考えるのは早計だ。アジャイルでの成功確率を高めたいなら、始める前に社内外をよく見渡して誰もが納得するような「勝てる体制」を整えるべきだ。
DX

チャンスには間髪入れずに動く!ポイントは情報伝達の仕組みつくりと人材育成

DX戦略の目的として「顧客ニーズへの迅速な対応力の向上」など、「チャンスには間髪入れずに動く」ためには、情報を瞬時に一気通貫で全社共有できる仕組みを構築すると共に、データを活用して商品やサービスに反映できるDX人材育成がポイントである。
DX

本当のキーマンを出せるかが成功のカギ

基幹システムの更新でパッケージをFitToStandardで導入するケースでは主役が業務部門になる。パッケージの標準機能を理解するところから始まり、業務とのすり合わせやGAP対策など。高い業務スキルと多大な時間が必要になる。これを任せられる「本当のキーマン」を出せるかが成功のカギとなる。
DX

DXの先進事例は目の毒かも?

経済産業省が選出するDX銘柄の先進事例は、場合によっては目の毒になる。よし我が社もやってやるぞと前人未到の戦いに挑んで失敗しては意味がない。それよりは、うまくいきそうな事例を真似ることだ。真似て成功体験を積むことが重要だ。