スポンサーリンク

「5割がDXを外注」は危うい?

DX

 DXのシステム開発、5割が社外リソース委託
 
 ガートナージャパンが日本国内の企業を対象にしたアンケート調査によると

 戦略策定・企画立案後、設計以降のシステム開発
 5割の企業が外部委託しているという。


 最近、DXは内製が良い

 という記事を多く見かけます。


 デジタルを活用して
 新しいビジネスモデルを創出したり
 ビジネスプロセスを変革したり

 先が読めないことが多いので、
 トライ&エラーを繰り返して進めるのが良く

 そのためには、

 いちいち外注していてはスピード感に欠ける

 というわけです。


 しかし、PoCならいざしらず、

 (DXが使い捨てのアジャイルシステムばかりではないとして。)

 本格的に企業システムを開発する

 となれば、 そこそこの開発規模  になります。

 それを内製にこだわると、逆にスローダウン
 ローコード/ノーコード開発でも、本格的に企業システムを開発するのは厳しそうです。


 なので、

 初期開発の負荷分散を目的に外力を活用することはあり

 だと思います。


 ただ、これまでのシステム外注と同じように「運用まで丸投げ

 発注したら完成するまでほとんど関与せず
 その結果、社内では誰もわからず

 ちょっとしたビジネス変化への対応さえ

 外注先に「お願い」しているようでは、DXも先が思いやられます


 初期の開発が完了して、運用保守段階になったら、
 内製で素早く変化に対応できるよう社内体制を整備しておく必要があります。


 発注後も、設計レビューなどには積極的に関与

 社内で素早く保守ができるか

 という観点で保守性」を確保するなどのチェックが必要です。


 外注政策が成功するか否かは、

 大義名分やリーダーの資質、タイミングやポジショニングなど
 事前の評価次第です。


 大義名分もなく、これまでと同じように

 「ベンダーに任せとけばいいや」では
 新たな「DX版レガシー」ができるのみ

 くれぐれもご注意ください。

  
 *********************************************
 計画が成功するか評価すべき7項目

 孫子の兵法 始計篇 主は孰れか道ある
 
 1.主は孰れか道ある
 2.将は孰れか能ある
 3.天地は孰れか得たる、、、

 *********************************************

■120社1000人以上が受講!!

 経験と勘に頼ったレビューからの脱却!
 レビューを体系的に学び、成果につなげる!

研修『【リスク指向】超ドキュメントレビュー実践法』
実務ですぐに使えるチェックリストを使用した演習付き!

■便利な道具箱

自動でしゃべるパワーポイント(VBAマクロ)
 ノート欄のテキストを音声合成エンジンが読み上げ、画面も自動で切り替わるVBAマクロ!
音声を録音するよりとっても楽です。失敗して録音をやり直す手間もなく、部分的な変更も楽々です。

簡易日程計算(Excel/VBA)
 製品構成展開されたツリーデータを使用して、製品を期日までに組立完成させるために必要な日程を計算するExcel/VBA!

簡易原価積上げ計算(Excel/VBA)
 製品構成展開されたツリーデータを使用して、製品を構成する部材の原価を積上げ、製品原価を計算するExcel/VBA!

簡易所要量計算(Excel/VBA)
 製品構成展開されたツリーデータを使用して、製品を組み立てるために必要な部品の個数を
 計算するExcel/VBA! 

■間違いだらけのシステム構築(無料冊子ダウンロード)
 ~企業システムの強化書~
 https://www.kigyo-systems.com/books/book.html

メルマガ読者登録・配信中止

コメント

タイトルとURLをコピーしました